※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。

かんざき法律事務所

かんざき法律事務所.1
  • かんざき法律事務所.2
  • かんざき法律事務所.3
  • かんざき法律事務所.4
最寄駅:各線「横浜駅」きた西口より徒歩5分
神奈川県横浜市神奈川区台町9番13号ルックハイツ横浜台町608号
定休日: 土曜  日曜  祝日 
営業時間: 平日 :09:00〜21:00 
ご相談の対応体制
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • オンライン面談可能
対応可能な債権の種類
  • 売掛金
  • 業務請負・委託代金
  • 家賃・地代
  • 給料・賃金・残業代
  • 借金・貸金・出資
  • 養育費・慰謝料
  • 立替金
  • その他の債権

現在『コロナウイルス』の感染が広がり、緊急事態宣言がなされているなか、当事務所では、ご相談者様が安心してご相談いただけるよう、可能な限りの配慮をしながら業務にあたっております。

感染リスクを抑えるため、電話でのご相談に対応するなどの措置もとっておりますので、不安な点も含め、お気軽にご相談ください。

会社経営者様・自営業・不動産オーナー様、手遅れになる前にご相談を!

100万円以上の債権】返済/支払いがない!という方へ

  •  取引先の売掛金を回収してほしい
  •  業務委託の報酬が支払われず困っている
  •  100万円以上を貸した相手から一向に返済がない
  •  「来月は払う」と言われ続け、逃げられている
  •  出資金の返還を求めているが返還を受けられない
  •  分割の返済を約束したものの、滞っている
  •  取引先と連絡がとれない

 

賃貸・物件の賃料未払い回収をお考えの方へ

  •  貸している物件の家賃を滞納されている
  •  家賃滞納を繰り返す入居者に出て行ってほしい
  •  テナントを貸していた企業が家賃を滞納しているため、回収してほしい
     

実際の解決事例も、次の項目にてご紹介しておりますのでぜひご覧ください
 

このように、債権回収で発生するトラブルはさまざまです。

思い当たることがあれば、まず弁護士への相談をご検討ください。
 

【実績豊富】これまでの回収事例

事例①【200万円回収】半年間の売掛金を分割で回収できることになった事例

◆相談内容◆
売掛先の一つの滞納が、半年間で200万円にのぼった。相手方担当者に対し定期的に督促連絡を入れるも一向に支払がない。

◆弁護士の対応◆(▼クリックで表示)

・弁護士から滞納会社に対し、内容証明郵便で支払督促を行いました。
・相手方代表者からすぐに連絡があり、返済交渉を行いました。
・相手方が今後の分割弁済を約束する内容の公正証書を作成し、以後相手方から毎月の返済がなされています。

事例②【口座の差押さえ】音信不通の会社の口座を見つけ出し、滞納金を回収した事例

◆相談内容◆
倉庫を使用する顧客会社の一つが、半年間使用料を滞納している。督促連絡をしているが相手方会社はもう営業していない様子で、連絡が届いている様子がない。

◆弁護士の対応◆(▼クリックで表示)

・弁護士から滞納会社及びその連帯保証人の会社代表者に対し、訴訟提起をし、滞納金全額の認容判決を得ました。
・判決に基づき、会社及び代表者の口座調査を行い、残高のある口座が見つかりました。
・当該口座に対する債権差押えを行い、債権の一部を回収することができました。

事例③【100万円の回収】“借用書なし”の貸金を分割返済させることで和解となった事例 

◆相談内容◆
知り合いの事業経営者からの頼みで100万円を貸し付けたが、返済期限がきても返済をしてくれない。
・貸し付ける時に借用書を作成していない。

◆弁護士の対応◆(▼クリックで表示)

・弁護士から相手方に貸金の返済を求める書面を送りましたが、返信がなかったため、訴訟提起をしました。
・訴訟では、借用書はなかったものの、貸金の振込履歴及び相手方からきちんと返済する旨のメール連絡を受けていたことから、当方の主張する貸付事実が認められました。
・最終的に相手方が分割弁済する旨の和解が成立して事件が終了しました。

 

債権回収は対応が遅れるほど回収は困難になります。

債権回収に関するトラブルは、弁護士へ早期に依頼いただくことにより、迅速に状況を把握し、法的な手続きを行うことができるため、回収へ近づきます。

一方、対応が遅れ、相手方が破産・再生手続きを行ってしまった場合、回収は限りなく不可能に近くなります。

当事務所では、数百万の売掛金を約2週間で回収した実績もございます

泣き寝入りする結果にならないためにも、早い段階でご相談頂くことをおすすめします。
 

お手元にこのようなものはございませんか?

  • 借用書
  • 金銭の貸し借りがあったという旨のやりとり(メール・FAXなど)
  • 商品を納入したことがわかる記録
     

債権は、『証拠がなければ回収できない』と言われています。しかし、借用書のような正式な書類だけが証拠であるというわけではありません。

弁護士に依頼いただくことで、借用書でなくとも、上記のような小さな記録ややりとり、メモが集まれば、十分に証拠にすることが可能になります。

まずは、お手元に証拠になりうるものがないか、お探しすることをおすすめしております。

また、①相手方の住所 ②勤務地 ③電話番号 の3項目の内、1つでもお分かりになるものがあれば回収の見込みがあるかもしれませんのでぜひご相談ください。
 

債権額が100万円以下の場合は「費用倒れ」のリスクがあります。

債権額が100万円以下である方は、ご依頼いただいても回収金額が弁護士費用を下回り、利益の出ない「費用倒れ」に陥る可能性がございます。

そのような事態を防ぐためにも、事前に債権額をご確認ください。

 

【企業様向け:顧問契約も対応】定期的に債権回収業務が発生する方へ

「毎月支払いがない取引先に督促をしているが手間がかかる」
「売掛金の滞納が発生するたびに対応しなければならず負担」

 

このように、定期的に発生する回収業務が本来の業務の妨げになっているなど、負担が大きい場合は、顧問契約のご案内も行なっております。

顧問契約により、回収業務のみならず、取引の際の契約書作成・チェックなど、売掛金の発生を今後減らしていくための長期的なサポートも可能です。

顧問契約は簡易な督促書面作成であれば月額3万円からご利用いただけますので、ご検討中の方もぜひ一度お問い合わせください。
 

かんざき法律事務所HP 

https://law-kanzaki.com
(上記URLをコピー&ペーストし検索エンジンでご検索ください)
 

依頼があれば平日夜間・土日祝日の対応も可能

事前にご予約いただければ、平日夜間の対応が可能な場合がございます。

また、仕事や用事で「平日の面談はどうしても難しい…。」と考えられている方もご安心ください。

土日・祝日をご希望される方でも、ご予約いただければ対応可能です。まずはお問合せください。
 

テレビ電話を通したご相談に対応しております

当事務所では、ご自宅・会社などからご相談が可能なzoom(テレビ電話)を通したご相談にも対応しております。

オンラインでのご相談であれば移動も伴わず、時間の短縮へも繋がりますため、お気軽にご検討ください。
 

明瞭な料金体系

当事務所では、明確な料金表示のため安心してご依頼いただけます。
 

 1)相談料
 初回相談は30分無料
、以降30分ごとに5,000円
 

 2)着手金

対象事件の経済的利益

交渉事件

訴訟事件

~250万円

20万円

30万円

250万円~420万円

5%+9万円

420万円~

5%+9万円

交渉事件から訴訟事件に移行した場合は、交渉事件と訴訟事件の着手金の差額のみいただきます

訴訟事件その他裁判所事件の着手金は手続ごとに発生致します。上級審手続や異なる種類の手続を新たにご依頼いただく場合は別途の着手金がかかります。

 

※具体的な事件の性質や請求の個数を考慮して、上記と異なる料金となる場合もございます。その場合はその旨ご案内させていただきます。

 

3)報酬金(支払時期:利益獲得時)

獲得した経済的利益

交渉事件

訴訟事件

~125万円

20万円

125万円~300万円

16%

300万円~

10%+18万円


4)実費(支払時期:実費発生の都度)

ご依頼の事件の処理のため必要となる手数料、郵送費、出張交通費、印刷代その他の実費は依頼者様のご負担となります。

かんざき法律事務所の詳細情報


事務所名 かんざき法律事務所
弁護士 神前 吾郎
所属団体 神奈川県弁護士会
住所 神奈川県横浜市神奈川区台町9番13号ルックハイツ横浜台町608号
最寄駅 各線「横浜駅」きた西口より徒歩5分
対応地域 神奈川県 東京都 千葉県 埼玉県
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:00〜21:00

アクセスマップ
大きな地図を見る