給料・賃金・残業代に関するお悩み解決コラム|ベンナビ債権回収(旧:債権回収弁護士ナビ)
累計相談数
58,200
件超
累計サイト訪問数
932
万人超
※2024年05月時点

給料・賃金・残業代お悩み解決コラム一覧

キーワードからコラムを探す
8 件の給料・賃金・残業代コラム 18件を表示
給料・賃金・残業代
残業代に関する労働基準法のルール|36協定・割増率・違反時の対処法
残業代(時間外労働手当など)については、労働基準法で詳細にルールが定められています。会社に対して正しく残業代を請求するため、労働基準法上のルールを理解しておきましょう。
給料・賃金・残業代
残業代の計算方法は?割増賃金や勤務形態別の考え方を解説
残業代の計算方法は、勤務形態によってさまざまです。労働基準法の割増賃金に関するルールや、勤務形態ごとの残業代計算の考え方を解説します。
給料・賃金・残業代
給料未払いがあったときに労働基準監督署で受けられるサポート内容は?
給料未払いが発生した場合、労働基準監督署に相談すれば、勤務先の会社に対する監督指導が行われる可能性があります。給料未払いがあったときに労働基準監督署で受けられるサポートの内容や、労働基準監督署への相談の限界について解説します。
給料・賃金・残業代
給料未払いの相談先は?各相談先のメリット・デメリットをご紹介
給料未払いが発生した場合、相談先としては労働基準監督署・弁護士・司法書士・社会保険労務士などが考えられます。各相談先のメリット・デメリットについて解説します。
給料・賃金・残業代
未払い残業代の時効は何年?時効を止める方法と請求方法を解説
未払いの残業代を請求するにあたって必ず意識しなければならないのが『時効』の存在です。残業代請求の時効については、近年に法改正がおこなわれて期間が変更されているので注意が必要です。未払いの残業代の請求に関する時効を確認していきましょう。
給料・賃金・残業代
残業代請求の時効が延長!未払い残業代を請求する方法と必要な証拠を解説
時間外労働に対しては残業代が支払われるのが当然です。しかし、さまざまな理由をつけて残業代を支給しない会社も少なくありません。残業代が発生する仕組みの基本や残業代を請求できるケース・できないケース、未払い残業代を請求する手順や必要な証拠などを詳しく解説します。
給料・賃金・残業代
残業代請求訴訟で失敗する4つのケース!相談前に知りたい成功するポイント
残業代請求訴訟では、証拠があっても必ず勝訴できるとは限りません。少しでも有利な立場で進めるためには失敗するケースを踏まえたうえで、それらを回避する必要があります。この記事では、失敗する4つのケースを残業代請求で負けないためのポイントと併せて紹介します。
給料・賃金・残業代
未払いの給料を会社から回収する8つの方法!3年間の時効あり
給料未払いの問題についてはさまざまな回収方法がありますので、状況に応じて適切に判断対応するようにしましょう。また回収にあたっては時効期間もあるため、速やかに対応するよう注意してください。この記事では、給料未払いの際の回収方法や時効期間などを解説します。
18件を表示
弁護士の方はこちら