企業・個人事業者・不動産オーナーの債権回収をサポート
債権回収弁護士ナビ

累計
相談数 15,800 件超

累計サイト
訪問数 570 万人超

※2022年7月時点
無料法律相談Q&A

債権回収お悩み解決コラム一覧

キーワードからコラムを探す
178 件の債権回収コラム 110件を表示
売掛金・未収金
売掛債権とはどのような意味?債権回収との関係について弁護士が解説
会社の法務の仕事として売掛債権の管理・回収がありますが、そもそもの売掛債権という言葉は会計用語です。売掛債権とは法律上どういう意味なのか、なぜ管理が必要なのでしょうか。 売掛債権を巡る関連用語と併せて確認しましょう。
売掛金・未収金
法務担当者が知っておくべき売上債権回転率の基礎知識!弁護士がわかりやすく解説
売上債権回転率とは、売上債権の回収速度をはかる上で重要な指標です。与信管理をするにあたって、売上債権回転率から読み解く会社の状態や、併せて考慮にいれた経営指標などを確認することも可能です。
差押え・強制執行
差し押さえをする場合の「第三債務者」とはどのような意味か
債権回収の場面では、債権執行に関する用語および債権者代位権に関する用語として登場する「第三債務者」という用語の意味を理解しましょう。この記事では、差し押さえする場合の第三債務者について解説します。
債権回収
未請求の請求書がある場合の時効についての基礎知識と対応方法
請求書に書かれている金銭請求については、長い間未請求となっていると時効にかかることがあります。時効にかかる場合と、かかった場合の処理・かからないための対応方法を知っておきましょう。 この記事では、見請求の請求書がある場合の時効について解説します。
差押え・強制執行
回収する債権が時効にかかりそうなときの仮差押えの利用
なんとか回収をする場合に検討したいのが、時効の更新・完成猶予によって、時効の主張をされるのを止めることです。 その一つの原因となるのが「仮差押え」です。この記事では、仮差押えについて解説します。
債権回収
財産開示手続きとは?2020年改正後の内容を詳しく解説
強制執行をする際には相手の財産を特定する必要があるのですが、相手の財産がわからない場合にするのが財産開示手続です。2020年に改正があり無視する相手に罰則を加えることができるようになったので実効性のある制度になりました。
売掛金・未収金
工事代金未払いの場合に取るべき対応|未払い金の回収方法
工事代金の未払い状態が続いてしまうと、会社経営にも大きく響きかねません。回収方法はさまざまありますので、時効にも注意しながら、状況に合った回収方法を選択しましょう。この記事では、工事代金未払いの場合の対処法や回収方法などを解説します。
給料・賃金・残業代
残業代に関する労働基準法のルール|36協定・割増率・違反時の対処法
残業代(時間外労働手当など)については、労働基準法で詳細にルールが定められています。会社に対して正しく残業代を請求するため、労働基準法上のルールを理解しておきましょう。
給料・賃金・残業代
残業代の計算方法は?割増賃金や勤務形態別の考え方を解説
残業代の計算方法は、勤務形態によってさまざまです。労働基準法の割増賃金に関するルールや、勤務形態ごとの残業代計算の考え方を解説します。
給料・賃金・残業代
給料未払いがあったときに労働基準監督署で受けられるサポート内容は?
給料未払いが発生した場合、労働基準監督署に相談すれば、勤務先の会社に対する監督指導が行われる可能性があります。給料未払いがあったときに労働基準監督署で受けられるサポートの内容や、労働基準監督署への相談の限界について解説します。
110件を表示
Side cv banner