債権回収弁護士ナビ
企業・個人事業者・不動産オーナーの
債権回収をサポート

累計相談数15,000 件超

累計サイト訪問数333 万人超

※2020年9月現在

北海道の債権回収が得意な弁護士を検索する

北海道で債権回収の相談に対応できる弁護士事務所を16件表示しております。
北海道で債権回収にお悩みの方は、電話またはメールにて法律事務所へご相談ください。
地域を絞り込む
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
北海道
現在営業外
  • 休日の相談可能
  • 個人間債権の相談可
  • 顧問契約対応可能

大野昇平法律事務所

New icon location 住所 北海道札幌市中央区南3条西10丁目1002−4南三条スクエアビル 4F
New icon train 最寄駅 地下鉄東西線西11丁目駅から徒歩5分
New icon calender 定休日 無休 New icon time 営業時間

平日:09:00〜20:00

土曜:09:00〜18:00

日曜:09:00〜18:00

祝日:09:00〜18:00

【スピード対応】様々な債権回収問題に対応して参りました。迅速な対応で回収可能性を高めるように努めております。まずはお問合せください。

お問合せはコチラから
ただいま営業時間外
050-5228-2097
面談予約のみ
受付時間 : 09:00〜20:00
  • Mailaccess Lawyerdetail
    • 電話相談可能
    • 初回の面談相談無料
    • 個人間債権の相談可
    • オンライン面談可能

    札幌パシフィック法律事務所

    New icon location 住所 北海道札幌市中央区北4条東2丁目8-2マルイト北4条ビル6F
    New icon train 最寄駅 札幌駅より徒歩8分

    【相談実績5000件の経験をもとにアドバイス】【土曜日も営業中】【札幌駅からすぐ】

    お問合せはコチラから
    ただいま営業時間外
    011-211-6466

    債権回収弁護士ナビを見たとお伝えください

  • Lawyerdetail
  • 北海道 のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
    債権回収は、
    早期の相談・対応が成功のカギです

    北海道で起きた「支払督促」の申立て件数

    司法統計によると、北海道で起きた支払督促(※)の申立て件数は9,059件と、前年と比較すると500件増加しています。

     

    支払督促状況について全国的にみると、北海道は申立て件数が特に多い地域の1つです。債権者と債務者による債権トラブルなども、比較的頻発していることが予想されます。

     

    2017年
    申立て件数

    2016年
    申立て件数

    比較

    9,059

    8,559

    +500

     

    支払督促手続きとは
    債権者が裁判所を通し、債務者に金銭の支払いを命じてもらう制度です。

    北海道の破産者数

    司法統計によると、北海道で起きた自己破産の申立て件数は、一般・個人事業主・企業を合わせると4,514件と、前年と比較すると269件増加しています。

     

    自己破産状況について全国的にみると、北海道は申立て件数が特に多い地域の1つです。また前年からの増加件数も多く、破産選択する債務者が今後ますます増えていくことが予想されます。

     

    2017年
    申立て件数

    2016年
    申立て件数

    比較

    4,514

    4,245

    +269

    北海道の企業数と倒産件数

    司法統計によると、北海道の企業数は中小企業・大企業を合わせて141,669社あり、倒産件数は231件、負債額は29,251百万円となっています。

     

    土地面積が広く人口も多い北海道には、他県と比べて非常に多くの企業があります。しかしその一方で、企業の倒産件数や負債額なども非常に大きい、という側面もあります。債権を回収できないまま損失を被ってしまった、という債権者も多いことが予想されます。

     

    2017年
    企業数

    2017年
    倒産件数

    負債額(百万円)

    141,669

    231

    29,251

    各債権の時効

     

    時効

    債権の種類

    1年

    ・弁護士、公証人などへの手数料、報酬

    ・給料、残業代、災害補償

    ・商品の売掛金、修理費、月謝、謝礼金

    3年

    ・交通事故、離婚などの損害賠償、慰謝料請求

    ・保険金支払い、返還義務

    ・医療、助産婦、薬剤師、建設業者などに対する費用

    5年

    ・家賃、地代

    ・商事債権 ・営業上の貸付

    ・退職金請求権

    10年

    ・確定裁判、裁判上の和解、調停等の請求権

    ・個人間の売買、貸付などの民事債権

     

    ※この一覧は代表的な例で、場合によっては例外もあり得ます。

    時効成立は、この時にも一刻一刻迫っています。未回収債権がある人はできるだけ早めに弁護士へご相談ください。