全国の相談に対応できる売掛金が得意な弁護士 を検索

検索する
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
【検索条件】都道府県:指定なし  相談内容:売掛金 該当件数 5 件中 1~5 件を表示

売掛金の相談に対応できる弁護士事務所を5件表示しております。債権回収弁護士ナビではそれぞれの相談内容に合った弁護士事務所を検索できます。

東京都 売掛金が得意

弁護士 由井照彦(KOWA法律事務所)

Icon_train 最寄駅:東日本橋駅|馬喰町駅|馬喰横山駅|小伝馬町駅|浅草橋駅
Icon_location 東京都中央区東日本橋2‐8‐3 東日本橋グリーンビル5F
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 個人間債権の相談可

詳細情報を見る

【一般企業の勤務経験あり】【法人債権40万円~・個人間債権80万円~】売掛金、請負金、委託代金の未払金回収お任せください。中小企業を狙った詐欺被害にも対応!各業界の常識を踏まえ迅速回収を目指します!

  • 現在は営業時間外です。
  • 通話料無料
  • 0037-60076-6521
  • この法律相談所に問合せする
東京都 売掛金が得意

わたなべ法律会計事務所

Icon_train 最寄駅:半蔵門線半蔵門駅3-a番出口より徒歩1分 地下鉄有楽町線麹町駅1番・3番出口より徒歩5分
Icon_location 東京都千代田区麹町1-8-14麹町YKビル2階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 個人間債権の相談可

詳細情報を見る

【初回面談無料】【事前予約で休日・夜間対応可】《100万円以上の回収でお困りの方》家賃滞納されているオーナー様|売掛金回収でお困りの経営者様|自分一人で対応すると、踏み倒されてしまうかもしれません…

  • 現在は営業時間外です。
  • 通話料無料
  • 0037-60076-1598
  • この法律相談所に問合せする
東京都 売掛金が得意

彩結法律事務所

Icon_train 最寄駅:赤坂見附駅、永田町駅、赤坂駅
Icon_location 東京都港区赤坂4-1-5赤坂有馬ビル2階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 個人間債権の相談可

詳細情報を見る

【初回相談無料】【休日・当日相談可能】個人・法人問わず、未払い債権が発生した際は当事務所へご相談下さい。迅速な回収、ご相談者様が損をしないよう全力でサポート致します。まずはお気軽にお問合せください。

  • 現在は営業時間外です。
  • 通話料無料
  • 0037-60076-2333
  • この法律相談所に問合せする
東京都 売掛金が得意

弁護士 渡邉 祐介/ワールド法律会計事務所(全国対応)

Icon_train 最寄駅:都営浅草線 東日本橋駅 B1出口より徒歩2分 / 都営新宿線 馬喰横山駅 A3出口より徒歩3分 / JR総武線快速・横須賀線 馬喰町駅 出口3より徒歩5分 / 東京メトロ日比谷線 人形町駅 A4出口より徒歩8分
Icon_location 東京都中央区東日本橋1-2-10オー・アイ・東日本橋ビル4階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
  • 休日の相談可能
  • 個人間債権の相談可

詳細情報を見る

【売掛金】【弁護士が代理人として対応することで回収可能性を高めます】「うるさい債権者」となって粘り強く交渉。

  • 現在は営業時間外です。
  • 通話料無料
  • 0037-60076-6253
  • この法律相談所に問合せする
東京都 売掛金が得意

弁護士法人グラディアトル法律事務所(東京オフィス・大阪オフィス)

Icon_train 最寄駅:丸の内線 新宿御苑前駅徒歩3分
Icon_location 東京都新宿区新宿1-11-5不二越ビル2階
Icon_calender 定休日: 無休
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能

詳細情報を見る

【初回相談0円】【全国対応可】【早朝夜間・土日祝日・当日対応可】債権回収は当事務所にお任せください。売掛金、賃料の回収から詐欺被害、損害賠償請求での回収実績が豊富にあります。まずはご相談ください。

  • 現在、営業時間内です。
    お気軽にお電話ください。
  • 通話料無料
  • 0037-60076-4507
  • この法律相談所に問合せする

未回収の売掛金は黒字倒産のきっかけに!

未回収の売掛金を放置したままでいると、以下のようなリスクが考えられます。

 

  • 利益が出てもお金がない状況になってしまう
  • 事業運営資金がショートしてしまう
  • 支払わなくていい会社と思われてしまう(会社の信用にも影響)

 

結果的に、利益はあるのに運営が困難な「黒字倒産」に至る可能性があります。また、債務者である会社が売掛金を支払わないまま倒産してしまうこともあり得るため、未回収の売掛金に関しては早期の対応が必要です。

全国の倒産状況

 

倒産件数

負債総額

2018年

8,235件

1兆4,854億6,900万円

2018年(平成30年)では、前年に比べて全体の倒産件数が2.02%負債総額が53.1%減少しています。ただし、業種によっては増加しているため、債務者の業種や経営業況を正しく把握しておきましょう。

 

業種

2018年倒産件数(件)

前年比

サービス業他

2,512

3.2%

小売業

1,132

1.34

農林・漁・鉱業

64

±0%

情報通信業

337

−0.58%

運輸業

238

−0.83%

製造業

1,014

−2.59%

卸売業

1,216

−4.1%

不動産業

257

−7.88%

建築業

1,431

−9.37%

金融・保険業

34

−22.72%

相手側の会社が破産してしまえば、1円も回収できなくなってしまいます。相手会社が運営している間に対処しましょう。

また、売掛金回収を急ぐべき理由は売掛金の「時効」にもあります。

売掛金の時効とは

債権には「時効」が存在し、これが成立した後に債権回収することはできません。売掛金の時効は最長で5年、最短で1年になります。

時効成立前であれば、延長・中断の手続きができますので、できる早い段階で弁護士にご相談ください。

売掛金の回収方法

売掛金の回収方法は基本的に以下の4つです。

1:内容証明による回収

内容証明を作成し、回収するのが基本的な回収方法です。法的な強制力はありませんが、裁判の際に利用できる証拠になります。

2:交渉による回収

調停などを利用して任意で交渉し、回収する方法です。中立の立場にある第三者を交えて話し合うことで、冷静に話し合えます。話し合い成立後は、法的に効力を持つ書類の作成も可能です。

3:相殺による回収

相手の商品を購入している場合は、その費用(買掛金)を売掛金で相殺することで、実質的に回収できます。内容証明に、相殺をもって売掛金を回収する旨を記載しましょう。

4:訴訟による回収

どうしても回収できない場合、裁判によって回収することになります。

売掛金を回収したい・状況を改善したい人へ

売掛金は正しい方法で回収しないと、さまざまな法律に抵触する可能性があります。また、書類作成や相手との交渉における手間や、今後の取引で気まずくなることを考えると、独自で行うことはおすすめできません。

 

より早く、確実に回収したい場合、弁護士に依頼することがベストです。また今後、未回収の売掛金が発生しないために状況や管理体制を改善したい場合は、そのまま弁護士に顧問契約をすることで体制の整備やリスク管理の改善を依頼できます。