1. 早くお金返して!借金回収を自力で行う方法と弁護士に頼む方がいい理由

早くお金返して!借金回収を自力で行う方法と弁護士に頼む方がいい理由

キーワードからコラムを探す
%e6%b5%ae%e6%b0%97%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%a7%e3%81%97%e3%82%87%ef%bc%9f

「交際相手にお金を貸したけど返してくれない」

「お金を貸した相手と連絡が取れなくなってしまった」

 

「金の切れ目が縁の切れ目」ということわざがありますが、貸した方としては縁が切れる前になんとかお金だけでも返してほしいと思いますよね。また、友人知人に貸している場合は借金の回収はしたいけど人間関係は良好に保ちたいというニーズもあるはずです。

 

今回はそんなデリケートな借金回収トラブルをスムーズに行う方法や、弁護士に頼むべき理由についてもご説明します。

 

 

借金回収の具体的な方法や
回収するためのベストな動き方について
弁護士に相談することをオススメします。

手遅れになる前に正しい対策ができず
最終的に回収を諦めてしまうケースは非常に多いです。

「回収するためのベストな対策方法」
「相手方の支払い能力や資産・財産の調査」
「回収に必要な手続きのスムーズな進め方」
「今行っている方法で本当に回収できるか」
「できる限り回収の見込みを高める動き方」...等

借金の回収経験が豊富な弁護士に相談し
アドバイスをもらうことをおすすめします。

※一部の弁護士は相談料・着手金(初期費用)無料で対応可
※弁護士が対応することで事の重大さが相手に伝わり、未払い金がすんなり支払われることもあります。

 

 

 

借金の回収方法と回収手順

税金などの強制徴収では債権者である行政庁が自ら強制執行できる権利が与えられていますが、法律上の明文の根拠がある場合に限られます。
 
以下で合法で行える回収方法をきちんと把握しておきましょう。
 

交渉による借金回収方法

電話請求

電話は距離を克服でき、回収にかかるお金も通話料のみという一番手軽な回収方法と言えます。まずは相手に対して電話を断続的にかけることから始めましょう。
 

つながった時にはタイムリミットを設けて返済を迫る

相手と電話が繋がった場合は、期日を24時間以内で設定しましょう。これは支払われる・支払われないを問わず24時間後に再度圧をかける為です。ただし電話が繋がる相手であれば、そう長期戦にはならないケースが大半です。
 

つながらなければ留守電にメッセージを残す

留守電にも同様にタイムリミットの旨を伝言メッセージとして残しておきましょう。

 

電話に出ないからと言って暴言を吐くのは脅迫罪や強要罪になり兼ねませんので要注意です。また、電話口に本人以外が出た場合には、請求内容を哀願口調で話すのも効果があります。
 

電話請求のデメリット

電話によるデメリットは、相手が債務を何日に支払う、あるいは何日に会いましょうと約束しても、電話の内容をテープにでも取らない限り証拠が残らないことです。

 

したがって電話による約束の場合には、必ず約束の日の寸全に、再度電話をして確認を取ることが重要です。
 

請求書

電話番号が不明な場合、または料金未納で通じなくなってしまったなどで請求したくても請求できないときには請求書を書きましょう。
 

相手の家に送る場合

もしも相手に同居人がいるのであれば、電報も効果的です。

 

今の時代には滅多に自宅に電報が届くなどということはありません。請求書にせよ電報にせよ、そういった催促が目に見える形で自宅に届くのは、本人にとっても同居人にとっても相当な圧になります。尚、電報を送る際は「115」に発信して下さい。
 

内容証明の送付

内容証明郵便(いつ、いかなる内容のものを誰から誰へ宛てて差し出したかということを日本郵便が証明する制度)で、借金の返済の支払い督促と、支払いがない場合の賃貸契約解除の通知を行いましょう。内容証明は、裁判でも必ず必要な書証類となります。
 

内容証明の制限文字

内容証明は、文字数が決まっています。下記の文字数に納める必要があります。
【縦書きの場合】1行20字以内、1枚26行以内
【横書きの場合】1行13字以内、1枚40行以内
【2段組】、1行26字以内、1枚20行以内
※句読点、括弧などは、1字として扱います。
 

用紙

用紙の種類や大きさは自由ですが、送る相手が1人の場合は同じものが3通必要です。(相手、郵便局の保管用、自分用)

印鑑

実印でなくても認められますが、文章が2枚以上になるときはその綴目に契印をしなければなりません。
 

家への訪問

相手が訪問できる圏内に住んでいるのであれば、実際に訪問するのも良い手段です。労力はかかりますが、対面で目を見ながら心へ訴えかけることが出来るので、人の心を動かす上でかなりのメリットがあります。
 

行き過ぎた訪問は立場が逆転し兼ねないので避ける

職場への訪問やあまりにも頻繁すぎる訪問は避けたほうがベターです。営業妨害で110番通報されるリスクが高まり、そうなると法的に立場が逆転するケースもあるからです。

 

「お帰り下さい」と言われたにも関わらずその場に居続けた場合、不退去罪に問われる可能性があります。
 

法的手段による借金回収方法

以下のような手順で法的手段に出ると裁判所から 「被告○○は○○万円を支払え」 と通知が来るわけですから、これもかなりの圧をかけることが出来ると言えるでしょう。

 

しかし裁判は、回収が長引いたり、関係が悪化したり、相手を追い込むことで破産されてしまったり(破産されると取り立てることが出来なくなります)と、様々なデメリットがあります。

 

脅しとしての効果は十分でも、即効性があるわけではないため最後の手段として認識しておきましょう。
 

支払督促の申立

債権者からの申し立てが認定されると、債務者に意向に関係なく支払督促を実施することが可能です。

 

債務者への発送後約2週間以内に異議がなく、30日以内に債権者が申し立てを行うことで仮執行宣言がされます。異議申立てがあった場合は、訴訟へと移ります。
 
▶「支払督促とは|申立方法と手順や弁護士選びに必要な知識まとめ
 

民事調停の申立

民事調停とは、簡易裁判所で行なう話し合いによる解決方法です。債権者・債務者双方の話し合いによる解決のため、ほとんどのケースで債権額の満額で解決にはなりません。どちらかというと、債務者側から「この額でしたら支払えます」と、申し立てられることが多いです。
 

訴訟の提起

訴訟は、判決で白黒の決着をつける制度です。賃金や売掛金の回収では借金の存在は多くの場合確定しているにも関わらずなぜ訴訟をするかというと、訴訟による判決がなければ強制執行をすることができないからです。
 
▶「少額訴訟と通常訴訟の違い|通常訴訟への移行を回避する術
 

強制執行の申立

強制執行は、訴訟における確定判決などを債務名義(債務があることを証する書面)として、地方裁判所で執行文の付与をしてもらい、強制執行の申立をして行います。

 

文字通り“相手の意に反して強制的に行う手続き”になり法律上厳格な規定がありますので、一人で行うことは不可能ではないにしても、それでトラブルになってしまっては元も子もありません。

 

したがって、もし執行に至るのであれば、弁護士への依頼を検討することを推奨します。
 
▶「強制執行で債権回収するために必要な知識のまとめ
▶「差し押さえの全知識|差し押さえの手続きと費用の解説
 

借金回収の具体的な方法や
回収するためのベストな動き方について
弁護士に相談することをオススメします。

手遅れになる前に正しい対策ができず
最終的に回収を諦めてしまうケースは非常に多いです。

「回収するためのベストな対策方法」
「相手方の支払い能力や資産・財産の調査」
「回収に必要な手続きのスムーズな進め方」
「今行っている方法で本当に回収できるか」
「できる限り回収の見込みを高める動き方」...等

借金の回収経験が豊富な弁護士に相談し
アドバイスをもらうことをおすすめします。

※一部の弁護士は相談料・着手金(初期費用)無料で対応可
※弁護士が対応することで事の重大さが相手に伝わり、未払い金がすんなり支払われることもあります。

 

 

支払いの滞納が起きたらまず滞納の原因が債権者側にないかを調査する

支払いの滞納が起きてしまった時には、その原因を突き止めるという初動の早さが肝心です。そしてその原因は、もしかしたら債権者側にあるかもしれないのです。
 

債務者に滞納の正当事由を備えさせないことが重要

誰であっても、借りたものは返さなければならないという道徳的な意識はあるものですが、債務者としては積極的に支払いをしたいわけではない何らかの理由があり、支払うにしても仕方なく、または事務的に支払いに応じるのです。

 

そして債務者は勝手に、悪いのは債権者側であると思いがちです。「電話したのに出なかった」「請求書を送ってくれと言ったのに送ってくれなかった」などの理由があれば、債務者に” 支払をしない正当事由”を与えてしまうことになります。
 

滞納の原因が完全に債権者側にある場合もある

債権者が回収を図るためには、まず債務者に支払意思を持ってもらうことが大切です。支払い能力があるのに支払ってくれないという場合には、債権者側に滞納される原因があるかもしれないということを頭に入れておきましょう。

 

例えば、本当に請求書の送達を忘れていたり、請求の仕方が横柄だったりしたためかもしれません。

 

もしこのように滞納の原因が債権者側にあるようなら、その原因を解消することができれば、債権者にはもともと支払意思がないわけではありませんから、債権回収は容易に解決できる場合があります。
 

 

 

借金回収のために事前に行っておくべきこと

以下には、借金を回収するために最低限、前もって行っておくべきことを解説していきましょう。
 

契約書の作成

契約は口約束でも成立しますが、あとで「そんな約束はしていない」と言われると立証することが困難です。企業間の場合はとくに予め契約書を作成しておくことが鉄則ですが、例えば名刺の裏に書いたものや、メモ書きであっても貸した金額・返済日・貸主・借主の氏名があれば契約を立証する上で十分な証拠になります。
 

回収プランの作成

債権回収、特に不良債権の回収の場合は、債権者と債務者との間ではたくさんの駆け引きが行われるものです。この戦いに勝つためには、頭を使った回収作戦の立案、綿密な実行プランが勝利への鍵になります。

 

債権回収の専門家に協力してもらいながらプランを立てるとなお効果的です。
 

財産の調査

回収への第一歩は、債務者のもつ有形・無形の財産調査から始まります。相手が動産を所持しているかどうかは登記所へ行けば調査が可能ですし、機械類や商品等の動産ならば取引先へ訊ねるという手段があります。

 

その他、特許権・実用新案権などの無体財産、他社への貸金、売掛金などの債権も、調査専門の会社に頼めば判明します。
 

 

 

起こりがちな借金トラブルと回収法

ここでは、実際に起こってしまいかねない借金にまつわるトラブルや、それに対しての回収法をご紹介していきます。
 

口約束だけでお金を貸してしまった

特に借用書や契約書が作成されていなくても、金銭の授受があったときに金銭消費貸借は成立しています。問題は、相手が「借りた覚えはない」とか「もう返した」などと言い張ると、証拠不足で不利な結果に終わってしまいます。

 

こうなってしまった際には、お金を貸したときに誰かが立ち会っていた、お金を借りた時の礼状などがあれば、裁判になった場合に証拠として認められます。もし何もなければ、諦めるしかないということになります。
 

取引先が景気悪化を理由に代金を支払わない

売買代金の額にもよりますが、最終的な解決法は訴訟になります。商取引による売買代金の時効は2年であるため、契約の成立から2年が経過すると売買金請求権は消滅してしまいます。

 

消滅を防ぐためには、例え少額でも支払ってもらうか、支払い延期願いを書いてもらうことです。時効が間近に迫っている場合は、内容証明郵便で請求することで時効が6ヶ月間延長されます。
 

養育費を払ってくれない

離婚に関しては、別れたい一心から離婚にともなう財産給付には応じても、離婚後にこれが履行しないケースは多くあります。この場合、訴訟をすれば勝てますが、話し合って離婚の条件を記載し、公正証書にしておくのが良いでしょう。

 

履行しないときは強制執行を受けても良い旨の文言を入れておけば、支払いがない場合には訴訟の判決をもらわなくても相手の財産の差し押さえが可能になります。
 

お客様が飲み代のツケを払ってくれない

お客様を相手にしている場合は、強硬な催促もできないかと思います。しかし、飲食代金の時効は1年で消滅してしまうため、何度か催促しても支払わないお客様には、請求金額が60万円以下ならば少額訴訟を起こしましょう。

 

少額訴訟ならば一日で判決が出され、一般的な訴訟と比べて大事ではないため、簡単に回収が望めます。少額訴訟に関しては、こちらの記事「少額訴訟マニュアル|少額訴訟の手続き方法と費用徹底解説」を参考にしてみて下さい。
 
 

もし債務者に資金がなかった場合

「今日はお金がないから後にしてほしい」「不景気でいつ倒産してもおかしくないくらい経営が苦しい」このような言い訳をよく耳にします。

 

確かに”持たざる者からは取れない”のが借金回収におけるルールですが、債務者が「ない」と言ったとしても、本当にないとは限らず、言葉だけを鵜呑みにしていてはいつまで経っても借金の回収はできません。
 

相手に支払能力を持たせて回収する

借金を回収するには、返済できるだけの資産を相手が所持していることが大前提になります。したがって、支払い能力のない者にどのような履行を迫っても、それはただ相手を苦しめるだけのことで、実益はありません。

 

そこで、相手に支払い能力がなければ”作らせることはできないか”を考えなくてはなりません。債務者の所持する何かを売ることにより、資産を作れるケースも十分にあり得ます。
 

実は回収可能な財産から回収する

財産は、何も目に見えるものだけと限りません。材料・自動車・自宅・事務用品・電話など顕在的な財産であれば、どの債権者も見つけることは可能です。また、店頭や倉庫にある仕掛品なども債権のかわりに担保として持ち帰ることが可能です。
 

「隠し財産」もチェックする

債務者は、債権者から逃れるために不動産を他人名義にしたり、動産を隠したりする場合があります。また、社長の親戚や友人からの借金能力や将来入ることが確実な収入に関しても隠し財産のうちの一つと言えるでしょう。
 
どんなに徹底した財産調査を行っても何も出てこないとなれば、そのときは”持たざる者からは取れない”という結論に到達せざるを得ませんが、そこに到達するまでに行える手立てはたくさんあるのです。

 

自分には今何ができるか、本当に”持たざる者からは取れない”のかを債権回収のプロに相談してみると良いでしょう。


 

借金回収の具体的な方法や
回収するためのベストな動き方について
弁護士に相談することをオススメします。

手遅れになる前に正しい対策ができず
最終的に回収を諦めてしまうケースは非常に多いです。

「回収するためのベストな対策方法」
「相手方の支払い能力や資産・財産の調査」
「回収に必要な手続きのスムーズな進め方」
「今行っている方法で本当に回収できるか」
「できる限り回収の見込みを高める動き方」...等

借金の回収経験が豊富な弁護士に相談し
アドバイスをもらうことをおすすめします。

※一部の弁護士は相談料・着手金(初期費用)無料で対応可
※弁護士が対応することで事の重大さが相手に伝わり、未払い金がすんなり支払われることもあります。

 

 

借金の回収は業者を使って代行もできる

借金回収代行が可能なのは、国が認可したサービサーと弁護士か認定司法書士だけとなります。個人で行う借金の回収に限界を感じたら、代行を検討するのも良いでしょう。少なくとも、間違った自己判断によって自身が罪に問われるというリスクはなくなります。
              

サービサーとは

サービサーとは、本来の債権者である金融機関などからの委託・譲渡を受けて、代わりに債務者に対して債権回収を行う民間の企業です。本来債権回収は、債権者と債務者の当事者間で行われますが、どうしても債権者だけの力だけでは債権回収が難しい状態の場合、サービサーが代わりに債権回収を行います。
 

サービサーができること

サービサーは債権回収のプロですので、法的にかつ的確に債権回収を行います。債権回収会社と聞くと厳しい取り立てや執拗な請求電話などのイメージがされがちですが、決してそのようなことはありません。極力両者に大きないざこざが起きないような解決を見据え、返済・支払いのための手立てを提案すらしてくれます
 

認定司法書士とは

通常の司法書士の業務としては、不動産登記や会社設立などの際の登記の専門家です。しかし、別途、試験に合格した「認定司法書士」であれば、行える業務の幅が広がります。
 

認定司法書士ができること

認定司法書士は、140万円以下の債権回収の交渉や、簡易裁判所での代理人などを行うことが認められています。
 

弁護士へ依頼するメリット

サービサーや司法書士は、もともと民事・商事のみならず刑事法まで含めたトータルな法的サポートを行うことを予定した資格ではないため、法的知識の正確性・豊富さの点で疑問がない訳ではありません。

 

また、訴訟で勝訴した後は、強制執行手続をしなければならず、これもまた弁護士のサポートなしでは複雑になってきます。専門家の中でも特に弁護士に依頼することで、訴訟・強制執行を適切に遂行し、債権回収を図ることができます。

 

弁護士が介入するというだけで相手にインパクトを与えることが出来る

「法的な手段に出ている」「本気で回収しようとしている」と相手に印象付けることが出来るので、「早く支払わないと」という焦りを生じさせる効果があります。
 

時効で消えてしまわぬように出来る

借金には時効があり、一定の間支払いが一切行われなかった場合は時効が成立してしまいます。ただし、回収する側も時効を成立させない為の手段を取ることが出来るので気が付いたら時効が成立してしまっていたという最悪の結果を免れることが出来ます。
 

精神的な負担を軽減出来る

債務者とは、逃げられないだけの距離感を保ちながらシビアな交渉をしていくことになりますが、場合によっては逆に脅されたりなどといったこともあるかもしれません。弁護士に依頼することで、このような精神的負担を肩代わりしてもらうことができます。
 

訴訟や強制執行などの法的手続きをとることが出来る

事案に応じて臨機応変に手続きを選択することができます。任意で回収するべきか、迅速に強制執行するべきか、債権回収のとるべき手段は事案に応じて様々です。弁護士であれば、各事案に応じて適切な手段を提案することができます。
 

借金回収にかかる労力と時間を節約出来る

当事者だけで話し合いをしても、のらりくらりとかわされ、時間だけが過ぎていくということになりかねません。交渉に応じない相手には速やかに適切な手続きを選択し、迅速な解決が可能になります。
 

弁護士へ依頼するデメリット

債務者との間柄が険悪になる

「裁判も辞さない」という意思が相手に伝わることで、以降相手と良好な関係を維持することが困難になる場合もあります。
 

相手が破産する可能性がある

前述したように、相手が破産を選択してしまうと、取り立てを行うことが出来なくなります。弁護士が介入してくることにより、これ以上返済することが困難であると判断され、相手も弁護士を立てて破産を選択してしまうこともあり得ます。

 

費用がかかる

弁護士に依頼して債権回収をする場合は、着手金と成功報酬が発生します。回収しようとする借金額が小さい場合、弁護士に依頼すると費用倒れになってしまうこともあり得ます。費用に関しては次項で詳細を説明していきます。
 

 

 

借金の回収を弁護士に依頼した時の費用と必要書類

実際に弁護士に借金の回収を依頼した場合、費用はいくらかかるのか、またその際に必要な書類について以下にまとめました。
 

費用

内容証明郵便を送って交渉をするだけでも、着手金が最低5万円程度はかかります。また、裁判所を使う手続きの場合は、着手金が10万円程度かかるのが一般的です。着手金とは別に、回収が成功した際には成功報酬として、回収できた金額の20~30%を別途支払います。
 

手続きに必要な書類

債権の内容が詳しくわかる資料や契約書などがあればあるほど良いとされています。
 

・身分証(運転免許証,保険証,パスポート等)
・印鑑(シャチハタ以外)
・貸し付けた相手に関してまとめたもの(職場や貸し付けるに至った経緯など)
・契約に関する書類や契約した証拠となるもの
・貸付の明細や記録

 
 

借金の回収が得意な弁護士の探し方

以下に、借金回収を得意とする弁護士の探し方をまとめました。実際に依頼する際の参考にして下さい。
 

ホームページに注目する

ほとんどの弁護士事務所がホームページを所有しているので、以下のポイントをチェックしてみましょう。
 
・借金回収が得意との明記があるか?
・具体的な事例、実績の明記があるか?
・全体的に内容がわかりやすいか?
・マスメディアや口コミなど、第三者から借金回収に精通した弁護士として評価されているか?

 
弁護士が取り扱う法律分野は多岐に渡ります。借金回収という分野において、十分な専門性・知識を持つ弁護士を選びましょう。
 

実際に面談する

無料相談を行っている事務所も多くあります。良い結果に繋げる為にも、契約費用が発生する前の段階で弁護士との相性の良し悪しを調べておきましょう。

 

セカンドオピニオンを行ったり、相性が良いと思える弁護士が見つかるまで電話での無料相談を何度も活用したりするのも有益と言えます。その際は、以下のポイントをチェックしてみましょう。
 
・真摯にヒアリングをしてくれるか?
・ヒアリングだけでなく、弁護士側からも質問を行ってくれるか?
・粘り強さがあるか?
・わかりやすく説明してくれるか?
・無料相談であっても契約時の弁護士費用をある程度明確にしてくれるか?

 

フィーリングを大事にする

最終的には、様々な面を総合的に考えて、自身が「この人に依頼したい!」と心から思えるかどうかになります。弁護する側、弁護される側双方の信頼関係が成り立って良い結果が生まれるわけですから、債権回収の実力と同じくらい、相性やインスピレーションを大切にしてみることは有益なはずです。
 
 

まとめ

「貸したお金は戻ってこないと思え」とはよく言ったもので、個人間の貸し借りともなると、借金を回収するにも多大な労力を必要とします。

 

しかし企業対個人、企業対企業の貸し借りであれば、何としても回収しないと企業としての損失となってしまうので、場合によってはやむを得ず法的手段に出なければならない時もあるかもしれません。
 
借金を回収するにあたり法的手段をとるにせよ、非法的手段をとるにせよ、回収における最低限の知識と相手の懐事情を把握し、相手との頭脳戦を行わなくてはなりませんね。

 

 

 

借金回収の具体的な方法や
回収するためのベストな動き方について
弁護士に相談することをオススメします。

手遅れになる前に正しい対策ができず
最終的に回収を諦めてしまうケースは非常に多いです。

「回収するためのベストな対策方法」
「相手方の支払い能力や資産・財産の調査」
「回収に必要な手続きのスムーズな進め方」
「今行っている方法で本当に回収できるか」
「できる限り回収の見込みを高める動き方」...等

借金の回収経験が豊富な弁護士に相談し
アドバイスをもらうことをおすすめします。

※一部の弁護士は相談料・着手金(初期費用)無料で対応可
※弁護士が対応することで事の重大さが相手に伝わり、未払い金がすんなり支払われることもあります。

この記事を監修した法律事務所

Thum_umezawa
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

債権回収でお困りなら弁護士へ無料相談がおすすめ


債権回収では、相手の出方や債権額によってはあまり効果が期待できない場合もあり、自分だけで債権回収を行なおうとしても適切な方法を選択することは難しいでしょう。

そもそも、今の状況でどのような方法を取ればいいのかを提案してくれる弁護士は、相談だけでも力強い味方となってくれます。

「債権回収弁護士ナビ」では、債権回収を得意とする弁護士に直接ご相談ができ、相談料無料、初回の面談相談無料、全国対応で相談を受け付けいる事務所も多くいますので、法人・個人問わず、お金のことで悩み続けているなら、一度債権回収が得意な弁護士にご相談ください。

Prevent_banner
編集部

本記事は債権回収弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債権回収弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。


借金・貸金コラム一覧へ戻る