債権回収弁護士ナビ
企業・個人事業者・不動産オーナーの
債権回収をサポート

累計相談数15,800 件超

累計サイト訪問数570 万人超

※2022年1月時点
債権回収
公開日:2019.5.10  更新日:2021.10.29

債権回収を弁護士に依頼する5つのメリット

キーワードからコラムを探す
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 弁護士
監修記事
%e5%82%b5%e6%a8%a9%e5%9b%9e%e5%8f%8e%e3%80%80%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e3%80%80%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

債権回収は弁護士に相談することでスムーズに回収できます。以下のようなことで、お悩みではありませんか。

このようなお悩みも、弁護士に相談・依頼することで簡単に解決します。この記事では、弁護士に債権回収を依頼した場合どのようなメリットがあるのか、また費用や回収までの流れについてご紹介します。

債権回収をご検討中の方へ

「お金ができたら返す」といって、一向に返済しない相手には、弁護士を通して債権回収を行いましょう。弁護士から催促してもらうことで、今まで支払う気を見せなかった相手がすぐに支払いに応じることもあります。

債権の時効は、今にも刻一刻と迫っています。まずはお気軽にご相談ください。

 

債権回収が得意な弁護士を探す

土日・19時以降も相談できる等 あなたに最適な事務所が見つかる!

債権額が100万円以下の方は、こちらの【少額債権の回収が得意な弁護士】に相談ください。

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 |

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

弁護士に債権回収を依頼する5つのメリット

債権回収を弁護士に依頼することで多くのメリットがあります。

1:自分で請求するより回収率があがる

弁護士に債権回収を依頼する大きなメリットは「回収率が上がる」ことです。一般的に相手も裁判や強制執行されたくありません。そのため、弁護士から催促することで相手も支払いを拒否できない状況になります。

何度催促しても支払う意思がまるでなかった相手でも、弁護士が介入し交渉することで、全額回収できる可能性があります

2:諦めかけていた債権も回収できる可能性がある

診療費などの金額が少ない債権や、家賃を支払わないまま引っ越されてしまい、相手の現住所がわからない場合、損害が多くても諦めるしかないと思われるでしょう。しかし、状況によって回収できるケースもあります

特に、賃貸に関する滞納トラブルでは、連帯保証人に請求するなどの対応も弁護士なら提案・実行できます。諦めている債権でも、契約書や領収書などの証拠がある場合、回収できる可能性こともありますので、まずは相談してみましょう。

3:状況に合わせた適切な債権回収が行える

債権回収には、書面での請求、直接交渉での請求、法的手続きを利用した回収などさまざまな方法があり、状況に合わせて最適な方法を選択することが重要です。

状況によっては、裁判を行うと敗訴してしまい、1円も回収できないケースもありますが、自分での判断は難しいかと思います。全額回収を目指すのであれば、まず弁護士にどのような債権回収が最適か判断してもらいましょう。

4:スピード回収が見込める

ご自身で催告書を作成したり、裁判を申し立てたりすると手間がかかります。ネットで公開されている債権回収の期間は基本的に弁護士が行った場合の期間です。そのため、自分で行ったら想像以上の期間が掛かってしまったということもありえます。

また、催促しても支払わなかった相手が弁護士名の催告書をみてすぐに支払ったというスピード解決事例もあります。

5:相手に接触する必要がなくなる

お金を支払わない相手に会いたくない、これ以上会話もしたくないという人もいるかと思います。弁護士に依頼すれば交渉から回収成功まで基本的に相手と接触する必要はありません。そのため、精神的な負担もなく解決できます。

弁護士に債権回収を依頼する2つのデメリット

多くのメリットがありますが、弁護士に依頼するデメリットも把握しておきましょう。

相手が債務整理する可能性がある

弁護士に依頼し、債権回収を行うと相手方が債務整理をしてしまう可能性があります。

債務整理でも「任意整理」であれば元金を回収できる見込みがありますが、個人再生や自己破産されてしまった場合、半分以上返済されなかったり1円も回収できなかったりすることもあり得るでしょう。

弁護士費用がかかる

弁護士費用が掛かってしまうのが、依頼する一番のデメリットでしょう。相談料が無料でも、着手金が発生しますので、ある程度の費用を用意しておく必要があります。現在手持ちがない人は、法テラスの利用も検討しましょう

債権回収を依頼した場合の弁護士費用

債権回収を弁護士に依頼した場合の相場は、一般的に以下の通りです。

ただし、弁護士費用は事務所や案件、債権金額によって異なります。ここでは、一般的な相場をご紹介しますので、弁護士を依頼する際の参考にしてみてください。

相談料

相談料の相場は1時間5,000円~1万円です。何を話すかをあらかじめまとめておくことで、短い時間でより深い相談をすることができます。

相談の際は、証拠になり得そうな書類を持参することで、よりスムーズに相談できるでしょう。

着手金

着手金は依頼内容によって金額が変化する場合と、債権額によって金額が変化する場合の2通りがあります。

内容によって金額が異なる場合、内容証明の作成と交渉で2回着手金を支払うことになることもありますので、相談前に料金形態をしっかり確認しておくことが、費用を抑えるコツです。

依頼内容から着手金が変わる場合の相場

依頼の内容

着手金相場

内容証明郵便

1~5万円程度

支払い督促

3~20万円程度

強制執行

5~20万円程度

民事調停・交渉

10~20万円程度

訴訟

10~30万円程度 

債権額から着手金が変わる場合の相場

債権額

着手金相場

100万円以下

10万円程度or請求額10%前後

100~500万円

15~30万円程度or請求額8%前後

500~1,000万円

30~50万円程度or請求額6%前後

1,000~3,000万円

50~100万円程度or請求額4%前後

3,000万円以上

100万円以上or請求額2~3%前後

成功報酬

成功報酬は、回収できた金額の10~20%が相場になります。成功報酬は回収が確定した時点で発生しますが、実際に債権を支払ってもらえるかは相手次第です。そのため、支払いは決定したものの結局支払ってもらえないこともあり得ます。

そのような場合でも、成功報酬は請求されますので、あらかじめ成功報酬の支払い方法についても確認しておきましょう。

実費

実費は印紙代、用紙代、交通費などが含まれます。相場は以下の通りですが、債権額・申立て先の裁判所などにより金額が異なりますのでご注意ください。

内容

金額

内容証明郵便

1,470円~/1通

公正証書の作成

5,200円~

支払い督促

4,000円~

仮差押え

5,000円~

訴訟

7,000円~

強制執行

10,000円~

弁護士への相談から回収までの流れ

弁護士への相談から回収までの流れは以下の通りです。

事務所によっては、相談後電話で催促してくれるケースもあります。そのため債権回収にかかる全体的な期間は、証拠の有無や交渉で終わるかなどによって大きく異なります。

例えば、内容証明のみで相手方が支払いに応じれば1週間~2週間程度で債権回収できますが、支払いを渋り裁判に発展した場合、半年~1年以上かかってしまう可能性もあるでしょう。

相談する際に、どのくらいの期間で回収できそうかも併せて相談することをおすすめします。

弁護士に依頼した債権回収の成功事例

弁護士に依頼し、どのように回収できるのか、実際の成功事例をご紹介します。

個人間の債権回収に成功した事例

証拠の点で若干不利な立場ではありましたが、事実関係を丁寧にヒアリングし相手と交渉しました。

和解に至らなかったため、訴訟で必要になる証拠を確実に抑え、勝訴判決の獲得に成功。その後に、強制執行により回収しました

弁護士からの内容証明ですぐに和解に至った事例

相談後、すぐに「売掛金の全額請求」「誠意ある対応がされない場合、法的処置を行う可能性がある」旨を記載した、内容証明郵便を弁護士名で発送しました。

送付後、すぐに相手方の代表者より連絡があり、代表者からの「個人保証を得る」ことを条件に分割支払いで示談書を取り交わしました。結果、支払いが滞ることなく、数ヶ月間で全額回収に成功

負ける可能性のある債権の回収を成功した事例

履行内容に、契約と異なる点があり、裁判をしてしまうと負ける可能性があったため、粘り強く交渉を行いました

その結果、300万円の支払いで合意することに至りました。最適な回収方法を判断し、最大限の回収を実現できた事例です。

債権回収の得意な弁護士の探し方

債権回収が得意な弁護士の探し方は主に、他人から紹介してもらうか、自分で探すかの2つです。それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

公的機関や人に紹介してもらう

公的機関(法テラスや弁護士会)に相談し、弁護士を紹介してもらうのも、弁護士を探す1つの方法です。紹介してもらうメリットは、自身で探す手間を省けることです。

ただし、依頼する弁護士を選べないので、債権回収が得意ではない弁護士が担当になってしまい、期待していたような結果がえられない可能性があります。

ネットで弁護士を探す

一番簡単な方法は、ネットで弁護士を探すことです。好きな時間や隙間時間に、あなたの状況に合う弁護士を全国から探すことができます。

デメリットとしては、検索する手間がかかることですが、ある程度条件や理想(○○地区の事務所がいい等)を固めておけば、探すのにも負担にならないでしょう。

ネットで債権回収の得意な弁護士を探すなら「債権回収弁護士ナビ」!

ネットで簡単に債権回収が得意な弁護士を探したいのであれば、当サイト「債権回収弁護士ナビ」がおすすめです。

当サイトでは地域と債権内容を掛け合わせ、最寄りの弁護士事務所を探すことができます。また、事務所の基本情報や対応体制が一目でわかるようになっていますので、あなたにピッタリな事務所を見つけられます。

弁護士相談に関してよくある質問

弁護士への相談の前に聞いておきたい、知っておきたいよくある質問をまとめました。

1:弁護士の相談ではどのようなことを聞かれますか?

2:口約束だけの場合、債権回収は難しいですか?

3:債権回収の相談はどのタイミングですべきですか?

4:債権回収を弁護士に相談する判断基準はありますか?

5:どのような弁護士を選べばいいですか?

1:弁護士の相談ではどのようなことを聞かれますか?

初回の相談では、基本的なことを質問されます。

【例】

  • 債権の金額
  • 証拠の有無や相談者が持参した証拠の確認
  • 取引期間
  • 相手の経済状況 など

状況によって質問の内容も多少異なりますが、難しい質問はされませんのでご安心ください。

2:口約束だけの場合、債権回収は難しいですか?

交渉や内容証明の発送だけで相手が支払いに応じるようであれば、証拠がなくても回収できる可能性はあります。ただし、裁判などに発展した場合、証拠が必要です。

お金を貸した際のやり取りが残っている文面(メールやLINEなど)があれば、保全し提出してください。

3:債権回収の相談はどのタイミングですべきですか?

債権回収の相談はできるだけ早い段階に行いましょう。債権が発生した時点から時間が空いてしまうと、相手も「支払わなくても問題ない」と思い支払う意欲が低下していきます。また、債権には時効がありますので、放置していると時効が成立し弁護士が介入しても回収できなくなることもあります。

また、ご自身で交渉しても話がまとまらなかったり、支払うべき債権の半額以下の金額で話がまとまってしまいそうだったりする時も弁護士に相談するタイミングです。

4:債権回収を弁護士に相談する判断基準はありますか?

個人間の債権回収の場合、債権額が100万円を下回ると費用倒れするおそれがあるでしょう。また、債権額が安い場合、弁護士に断られる可能性もあります。そのため、債権回収を弁護士に依頼すべきかどうか迷った場合,債権額がひとつの判断基準です。

5:どのように弁護士を選べばいいですか?

相談すべき弁護士は、「債権回収が得意」「債権回収に注力している」弁護士です。すべての弁護士が債権回収に注力している訳ではありません。注力していない弁護士に相談してしまうと、期待するような結果が得られなかったり、時間や費用が通常以上かかってしまったりします。

また、相談者と弁護士の相性も重要です。直接相談してみて信頼できると感じられれば、相談してみましょう。

まとめ

弁護士へ債権回収を依頼するメリットは、以下の5つです。

  1. 自分で請求するよりも回収率が上がる
  2. 諦めかけていた債権も回収できる可能性がある
  3. 状況に合わせた適切な債権回収が行える
  4. スピード回収が見込める
  5. 相手に接触する必要がなくなる

手間をかけずに債権回収するのであれば、弁護士への相談が解決への近道です。電話するのに抵抗があったり、緊張したりする方はまず、メールでご相談ください。

債権回収をご検討中の方へ

「お金ができたら返す」といって、一向に返済しない相手には、弁護士を通して債権回収を行いましょう。弁護士から催促してもらうことで、今まで支払う気を見せなかった相手がすぐに支払いに応じることもあります。

債権の時効は、今にも刻一刻と迫っています。まずはお気軽にご相談ください。

東京
大阪
愛知
福岡
京都
神奈川
Office info 202105191229 39781 w220 大谷・佐々木・棚田法律事務所

【初回面談30分無料】支払ってもらえないお金に関するお悩みは、弁護士にご相談ください。弁護士名義の請求、裁判の提起等により、可能な限りの手段を用いて回収できるように尽力いたします。【顧問契約歓迎】

事務所詳細を見る
Office info 202005281710 24641 w220 弁護士 北畑亮/北畑法律事務所

「来月には支払うだろう」と回収を先延ばしにせず、未払いが発生したらすぐご相談を!様々な事案と向き合ってきた実績を活かし、正当な利益を守ります◆オンライン相談可◆建築・不動産関係の解決実績多数◆迅速対応

事務所詳細を見る
Office info 202201122002 63521 w220 弁護士齋藤魁 弁護士鈴木利碩(四谷あけぼの法律事務所)

【フリーランスの方/個人事業主の方/企業の方】業務委託料・売掛金・請負金など債権回収でお困りならご相談を!時間が経つほど、回収の可能性は低くなります◆「おかしいな?」と感じたら、すぐにご連絡ください

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
あらゆる法的トラブルに備える弁護士費用保険
弁護士費用を補償

弁護士へ依頼すると数十万~数百万の費用がかかる場合があります。

弁護士費用保険メルシーは弁護士依頼で発生する着手金・報酬金を補償する保険で、月額2,500円で幅広い法的トラブルで利用できます。

  • 離婚
  • 相続
  • 交通事故(自転車事故)
  • 近隣トラブル
  • ネットの誹謗中傷 など
弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・166

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

債権回収でお困りなら弁護士へ無料相談がおすすめ


債権回収では、相手の出方や債権額によってはあまり効果が期待できない場合もあり、自分だけで債権回収を行なおうとしても適切な方法を選択することは難しいでしょう。

そもそも、今の状況でどのような方法を取ればいいのかを提案してくれる弁護士は、相談だけでも力強い味方となってくれます。

「債権回収弁護士ナビ」では、債権回収を得意とする弁護士に直接ご相談ができ、相談料無料、初回の面談相談無料、全国対応で相談を受け付けいる事務所も多くいますので、法人・個人問わず、お金のことで悩み続けているなら、一度債権回収が得意な弁護士にご相談ください。

編集部

本記事は債権回収弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債権回収弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

債権回収に関する新着コラム

債権回収に関する人気コラム

債権回収の関連コラム

債権回収コラム一覧へ戻る