金銭トラブルを弁護士に無料相談する方法|相談時の注意点や依頼時の費用などを解説|ベンナビ債権回収(旧:債権回収弁護士ナビ)
累計相談数
55,700
件超
累計サイト訪問数
913
万人超
※2024年03月時点
無料法律相談Q&A
債権回収
更新日:

金銭トラブルを弁護士に無料相談する方法|相談時の注意点や依頼時の費用などを解説

キーワードからコラムを探す
アシロ 社内弁護士
監修記事
金銭トラブルを弁護士に無料相談する方法|相談時の注意点や依頼時の費用などを解説

知人などとお金の貸し借りで揉めていたり、債務整理を検討していたりするなら、弁護士に相談するのがおすすめです。

けれども弁護士に相談すると高額な費用がかかるというイメージが強く、なかなか踏み出せないという方もいるでしょう。

そこで本記事では、金銭トラブルを弁護士に無料で相談する方法を紹介します。

相談する際の注意点や依頼した場合の費用も解説しているので参考にしてください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債権回収で
債権回収に強い弁護士を探す

金銭トラブルを弁護士に無料相談する方法

弁護士に相談するとお金がかかるイメージがありますが、方法次第では無料で相談することが可能です。

本項では、金銭トラブルを弁護士に無料で相談する方法を紹介します。

法律事務所の初回無料相談を利用する

多くの法律事務所では、初回の相談を無料としています

無料相談では、解決の指針となるアドバイスをもらえるほか、自分とその弁護士の相性がよいか判断することもできます。

初回無料相談は30分程度と時間が限られているため、事前に相談したい事項を整理しておくようにしましょう。

弁護士会の法律相談センターを利用する

弁護士会では、一般市民が法律問題について無料で相談できる法律相談センターを運営しています。

法律相談センターでは、弁護士が直接相談に乗り、適切なアドバイスをしてくれます。

どの弁護士に相談したらよいかわからないという方は、まずは法律相談センターで話を聞いてみるとよいでしょう。

自治体が主催する法律相談会に参加する

市町村などの自治体が主催する法律相談会に参加するのもおすすめです。

相談会では、弁護士や司法書士などさまざまな専門家が参加し、一般市民からの相談に応じます

開催日時やどんな専門家が参加するかは自治体ごとに異なるので、自治体のWebサイトをチェックしたり窓口へ問い合わせたりして確認しましょう。

金銭トラブルを弁護士に相談する際の注意点

金銭トラブルを弁護士に相談する際には、以下の点に注意しましょう。

相談事項や状況を整理してから相談する

金銭トラブルを弁護士に相談する場合、現在の状況や何に悩んでいるか、どう解決したいかを事前に整理しておくと、より具体的で有用なアドバイスをもらえます。

また、金銭トラブルの現状が把握できる書類やデータがあれば、持参するようにしましょう。

事実は隠さず伝える

金銭トラブルを適切に解決するためには、弁護士に事実を正確に伝えることが重要です。

金銭トラブルは、置かれている状況や借金・債権の金額などによって解決方法が異なります。

情報を隠したり、事実を歪めて伝えたりすると、適切なアドバイスや支援が得られず、最終的にトラブルの解決にならないことも考えられます。

依頼に向けて弁護士の対応を確認しておく

実際に依頼する前に、その弁護士がどのように対応するかを、弁護士の公式サイトに記載されている対応実績などで確認しておくことが重要です。

これは、依頼後のトラブルを避けるための一歩となります。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債権回収で
債権回収に強い弁護士を探す

金銭トラブルの弁護士への依頼相場は?

弁護士費用は主に以下の費目によって構成されます。

  • 相談料
  • 着手金
  • 報酬金
  • 日当・実費

以下、費目ごとに弁護士費用の相場を紹介します。

相談料

相談料は、弁護士に金銭トラブルについて相談する際にかかる費用です。

法律事務所によっては、初回の相談を無料としていますが、決められた時間を超えたり、2回目以降の相談をしたりする場合には、お金がかかります。

相場は、30分あたり5,500円から1万1,000円ほどです。

着手金

着手金は名前のとおり、弁護士が案件を正式に引き受け着手する際にかかる初期費用です。

着手金の相場は、以下のとおり対応内容などによって異なります。

債権回収の着手金相場
  • 10万~30万円程度

※手続きの種類によって変動します

※債権額に応じた着手金を設定している場合、債権額が高額になると着手金も高額になることがあります

債務整理の着手金相場
  • 任意整理の場合:2万~3万円程度
  • 個人再生の場合:30万~50万円程度
  • 自己破産の場合:20万~50万円程度
  • 過払い金請求の場合:4万円程度

報酬金

報酬金は、弁護士が無事案件を解決した際に支払う成功報酬のようなものです。

何を成功とするかの考え方や報酬金の金額は弁護士によって異なるので、依頼前に細かく確認しておきましょう。

対応ごとの報酬金相場は以下のとおりです。

債権回収の報酬金相場
  • 獲得金額の10~20%程度
債務整理の報酬金相場
  • 任意整理の場合:2万~3万円程度
  • 個人再生の場合:10万~20万円程度
  • 自己破産の場合:0~30万円程度
  • 過払い金請求の場合:獲得金額の20~25%程度

日当・実費

日当は弁護士が裁判所に出廷したり、交渉先に出向いたりした際の出張費です。

出張1日あたり3万3,000円から5万5,000円程度が相場とされています。

一方、実費はトラブルの解決に向けて実際にかかった費用のことです。

具体的には手続きの際にかかった切手代や印刷代、交通費などが当てはまります。

まとめ|弁護士の無料相談を活用し金銭トラブルを解決しよう

金銭トラブルに直面した際、弁護士の無料相談を上手に活用し、問題の解決を目指す方法もあります。

無料相談を活用する場合は、事前に現在の状況やどう解決したいかなどをまとめておき、事実を正確に伝えることが重要です。

費用の相場を把握し、自分の状況に最適な弁護士を見つけることで、金銭トラブルを円滑に解決できる可能性が高まります

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債権回収で
債権回収に強い弁護士を探す
東京
大阪
愛知
福岡
京都
神奈川
Office info 202110051559 37421 w220 【企業の方へ:メール相談歓迎】弁護士 新森 圭(東京グリーン法律事務所)

【債権額100万円〜】企業様/ご経営者様の専用窓口◆顧問契約も◎業種問わずご相談ください【初回相談0円】債権の支払いが少しでも滞ったらご連絡を◆フットワーク軽く迅速対応!メールでご面談予約24時間受付中!

事務所詳細を見る
Office info 202101211630 31991 w220 弁護士 鮫川 誠司(神谷町セントラル法律事務所)

◆100万円以上の債権回収に対応◆大手信託銀行の勤務経験◆元・司法書士、マンション管理士等も保有◆家賃滞納・明渡しの他、貸金・売掛金・請負代金のトラブルもご相談を。解決に自信があるからこその有料相談!

事務所詳細を見る
Office info 202010151228 25331 w220 弁護士 五明 豊(恵比寿明治通り法律事務所)

【弁護士歴10年以上/2,800万円の高額差し押さえ実績有◆メール予約歓迎・夜間面談・WEB会議可能◆債権額150万円~◆個人・企業・個人事業主からの相談対応◆顧問先多数◆相手が破産前に交渉・強制執行等で迅速回収

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
あらゆる法的トラブルに備える弁護士費用保険
弁護士費用を補償

弁護士へ依頼すると数十万~数百万の費用がかかる場合があります。

ベンナビ弁護士保険は弁護士依頼で発生する着手金を補償する保険で、月額2,950円で幅広い法的トラブルで利用できます。

  • 離婚
  • 相続
  • 交通事故(自転車事故)
  • 近隣トラブル
  • ネットの誹謗中傷 など
無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
アシロ 社内弁護士
この記事は、株式会社アシロの『ベンナビ債権回収編集部』が執筆、社内弁護士が監修しました。

債権回収でお困りなら弁護士へ無料相談がおすすめ


債権回収では、相手の出方や債権額によってはあまり効果が期待できない場合もあり、自分だけで債権回収を行なおうとしても適切な方法を選択することは難しいでしょう。

そもそも、今の状況でどのような方法を取ればいいのかを提案してくれる弁護士は、相談だけでも力強い味方となってくれます。

「ベンナビ債権回収(旧:債権回収弁護士ナビ)」では、債権回収を得意とする弁護士に直接ご相談ができ、相談料無料、初回の面談相談無料、全国対応で相談を受け付けいる事務所も多くいますので、法人・個人問わず、お金のことで悩み続けているなら、一度債権回収が得意な弁護士にご相談ください。

編集部

本記事はベンナビ債権回収(旧:債権回収弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ債権回収(旧:債権回収弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

債権回収に関する新着コラム

債権回収に関する人気コラム

債権回収の関連コラム

債権回収コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら