1. 弁護士に無料相談するメリットと相談の流れ|失敗しない専門家の選び方

弁護士に無料相談するメリットと相談の流れ|失敗しない専門家の選び方

キーワードからコラムを探す
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Pixta_14946849_s
  • 「弁護士に法律相談したんだけど、無料と有料だと一体何が違うの?」
  • 「無料相談ってどんなことを話すの?」

 

など何か問題を抱えていて、無料なら弁護士に相談したいけど、本当に問題を解決できるのか不安に思う部分もあるでしょう。

 

結論からいうと、無料相談を利用すれば今後どういった行動をすればよいのか一目瞭然です。無料だからといって、有料の場合と何ら変わりはありません。

 

今回は、

  • 弁護士に無料相談をするメリット
  • 無料相談の流れ
  • 失敗しない弁護士を選ぶポイント

などについてお伝えしますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

目次

弁護士の無料相談を使うメリット2つ

無料相談をするメリットは2つあります。

 

①お金を節約できる

有料で弁護士に法律相談をした場合の相場は大体1時間1万円です。無料の場合は有料と比べて相談時間は短いですが30分相談できれば5,000円の費用を節約できたことになります。

※法律事務所によって相談時間は異なります。

 

②今後どうすればいいか明確になる

法律問題を抱えているなら、法のエキスパートである弁護士に相談することで今後どういう行動を取るべきなのかを明確化してくれます。

 

ネットで調べて自分でできるか考えることも大事ですが、せっかく無料相談という制度があるなら専門家に聞いてみた方がが手っ取り早いです。

 

 

弁護士に無料相談をする際の流れ

以下が弁護士に無料相談する流れです。

 

①相談の申し込みをする

無料相談に対応している事務所の中に相談したい弁護士がいるなら申し込みをしましょう。無料相談を申し込みする方法はいくつかあります。

 

  • 電話
  • FAX
  • メール
  • インターネット

 

電話なら申し込みをすればすぐに日程を決められますが、メール・FAXの場合は折り返しの連絡を待ちましょう。

 

②法律事務所に到着したら書類の記入をする

法律事務所ごとに詳細は異なりますが、事務所に着いたら相談カードの記入などをすることになるでしょう。

 

③弁護士に相談する

どういった問題で困っているのか・どうしたら解決できるのか弁護士に相談します。弁護士は相談者の話を聞き、的確なアドバイスをしてくれます。

 

無料相談の時間を過ぎてしまい、少し延長をしたとしてもいきなり有料になることはありません。また相談者が有料でもいいから延長したいと望めば、引き続き話し合いは継続できます。

 

④希望があれば見積もりをしてもらえる

無料相談が終わり、希望をすれば見積もりを提示してもらえます。

 

⑤正式に依頼するかどうか検討する

見積もりをもらったからといって絶対に依頼をする必要はありません。弁護士から何か強いられることはないと思いますが、聞かれた場合は「家に帰って考えをまとめてから答えを出したい」などといって今の気持ちを正直に伝えてください。

 

 

弁護士に無料相談をする前に知るべき事前知識

この項目では、無料相談の際に困らないために知っておくべきことをまとめました。

 

無料相談できる時間は大体30分

弁護士の無料相談の目安時間は約30分、長くても約45分です。短い時間での相談になってしまうため余計なことはできるだけ省き、問題を順序立てて話すように心がけましょう。

 

スムーズに相談するために話す内容を準備する

無料相談をするときには以下の内容を事前にまとめてください。

 

  • 何に困っているのかを話す
  • 問題を時系列にまとめておく
  • 相談に関する資料や証拠があれば準備しておく

 

話す内容がまとまっていると、弁護士も解決策を提案しやすいです。

 

不利なことでも隠さず真実を話す

ついつい自分の不利になることや、悪いことは隠して話そうと考えてしまいがちですが、包み隠さず真実を話しましょう。後から不利なことが判明して立場が悪くなっても急に対処できるかは分からないからです。

 

しかし、事前に不利な部分を把握しておけば問題の対策を考えられます。弁護士に相談するときは正直にすべてを打ち明けてください

 

相談に行く際の持ち物

無料相談の際は、以下の持ち物を準備して行きましょう。

 

  • 相談に関する資料
  • 筆記用具
  • メモ帳
  • 身分証明書
  • 印鑑 など

 

弁護士に無料相談できる内容

弁護士に相談できる分野はさまざまです。

 

債権回収・債務整理

借金問題・借りたお金を返してもらいたいなら弁護士に相談しましょう。債権・債務の問題は、弁護士に依頼をした方が多くの借金を減額できたり、回収できるお金が増えたりと個人で手続きをするより有利になる可能性が高いからです。

 

債権回収・債務整理が得意な弁護士を探せるサイトの例

債権回収弁護士ナビ

売掛金・家賃回収、養育費や慰謝料の未払い問題に注力している弁護士を探して相談できます。

債務整理ナビ

過払い金請求・個人再生・自己破産など、借金問題に注力している弁護士や司法書士を探して相談できます。

 

離婚

離婚での慰謝料問題は証拠などがないと請求できない場合が多いです。弁護士に相談をすれば適切なアドバイスをもらえますし、回収できそうな金額の相場などを教えてもらえます。

離婚問題の解決が得意な弁護士を探せるサイトの例

離婚弁護士ナビ

離婚問題、親権、慰謝料問題に注力している弁護士を探して相談できます。

 

交通事故

交通事故の慰謝料や示談金で悩んだら弁護士に相談しましょう。交通事故自体は同じような事例がありますが、発生する慰謝料などの金額はケースによって大きく変わる可能性もあります。

交通事故が得意な弁護士を探せるサイトの例

交通事故弁護士ナビ

交通事故の慰謝料増額や過失割合、保険会社との示談交渉が得意な弁護士を探して相談できます。

 

相続問題

相続問題というのは、専門知識がないと難しい場面が多く、またそれまで親しかった親族間の仲がこじれてしまうことがあるかもしれません。相続間のトラブルを回避するにも弁護士を頼った方が円滑に手続きを進められます。

相続問題が得意な弁護士を探せるサイトの例

相続弁護士ナビ

遺産分割や遺言書作成、相続放棄など、相続に関するトラブル解決に注力している弁護士を探して相談できます。

 

労働

労働問題は時間との勝負になる可能性が高いです。企業側が証拠を隠蔽することもないとは言い切れません。

労働問題が得意な弁護士を探せるサイトの例

労働問題弁護士ナビ

未払い残業代の請求や不当解雇問題の解決に注力している弁護士を探して相談できます。

 

刑事

弁護士は法律のスペシャリストです。刑事事件はお手のもので、事件に巻き込まれて罪に問われたとしても弁護士に相談することで解決できる可能性も高いでしょう。

刑事事件が得意な弁護士を探せるサイトの例

刑事事件弁護士ナビ

釈放・不起訴に注力している弁護士を探して相談できます。

 

ネット

IT技術の発達でネット問題は増加傾向にあります。ワンクリック詐欺・フィッシング詐欺などパソコンに詳しくないと騙されているかどうかも分かりません。弁護士に相談することで解決の糸口をつかめます。

IT問題の解決が得意な弁護士を探せるサイトの例

IT弁護士ナビ

ネット上の誹謗中傷・風評被害の解決に注力している弁護士を探して相談できます。

 

消費者被害

クーリングオフをしたのにできなかった…など1人で悩んでいても仕方ありません。クーリングオフなどの消費者被害問題は悪徳業者が逃げる可能性があるため時間との勝負になります。被害に遭ったらすぐに弁護士に相談してください。

不動産

引っ越しをするときにハウスクリーニング代を要求されたなどのトラブルに遭遇することもあるかもしれません。トラブルに直面したとき、自分では分からないと感じたらネットを頼るのではなく専門家に相談することが最善の方法です。

その他

他にも

  • 行政訴訟
  • 脱税問題
  • 外国人のビザ問題

などあれば弁護士に相談してみてください。

 

失敗しない弁護士を選ぶポイント5つ

次の5つのことに注意して弁護士を選びましょう。

 

①相談したい分野を得意としているか確認する

弁護士も医者と同じで得意分野があります。もし、身体のどこかをケガしてしまい手術をすることになって、担当が内科の先生だったら不安になりますよね。誰だってメスなどを使うのなら外科の先生に執刀してほしいものです。

 

弁護士も医者と同じように得意分野があります。得意分野を担当した方がスムーズに手続きできますし問題が起きたとしても解決のすべを知っていますので依頼者にとっても心強いです。

 

相談したい分野を得意としているかはホームページを確認すればすぐに分かります。得意としている分野ならホームページ上で紹介していたり、コンテンツが豊富だったりしているはずです。

 

②実績をみる

弁護士選びでは実績も重要なポイントです。実績が豊富で得意分野であるなら信頼できそうです。実績のある弁護士の探し方は次のとおりです。

 

  • ホームページのプロフィールを確認する
  • 電話で確認する
  • 無料相談のときに確認する

 

依頼をするなら実績のある弁護士に依頼をするようにしましょう。

 

③費用について細かく説明してくれるか

費用について具体的な値段を教えてくれるかも弁護士選びでは重要です。悪質な弁護士は費用について曖昧にするからです。相談者のことを思ってくれる弁護士なら費用についても明確に教えてくれます。

 

④説明上手かどうか

相談をしたときに解決策について分かりやすく話してくれることがよい弁護士を見極めるポイントの1つです。難しいことを誰にでも分かるように説明してくれるということは交渉力の高さ・知識の深さの2つを備えていると言えるからです。

 

⑤あなたにとって話しやすいのも重要な要素

弁護士にもさまざまなタイプがいるため、話しやすかったり、話しにくかったりがあるでしょうが、できるなら話しやすい人を選んでください。

 

弁護士は依頼が終わるまで一緒に協力していくビジネスパートナーです。話しにくいなどのフィーリングが合わない相手に依頼をしてしまうと、何か問題が起きたときに味方であるはずの弁護士を心底から頼れないということになりかねません。

 

依頼をするときに注意すべき弁護士

ここでは、避けたほうがよいかもしれない弁護士の特徴をお伝えします。

相談を聞かず自分ばかり話している

相談しているのに、ろくにこちらの話を聞いてくれない弁護士には注意しましょう。事案について勝手な理解をしていて見通しを誤る可能性があります。

 

専門用語を多用して説明してくる

自分の知っている難しい言葉ばかり並べて説明する弁護士は注意してください。相手の理解に構わず自分だけが分かる言葉を使うということは依頼者のことを思う気持ちが薄いとも言えます。

 

思いやりのない弁護士に依頼をしてしまうと本当に解決してくれるか不安になります。専門用語をたくさん使う弁護士を選ぶのでなく誰にでも分かる平易な言葉で話してくれる弁護士を選ぶようにしましょう。

 

あなたのことを軽視するような態度を取る弁護士

以下のような態度をとっている弁護士には要注意です。

 

  • 挨拶しない
  • 自己紹介しない
  • 説明しない
  • 上から目線
  • 自分の事務所の押し売りをする

 

このような弁護士に依頼をしても不快になるばかりです。

 

無料相談している弁護士を探す方法

以下に弁護士を探す方法についてまとめました。

 

友人・知人に弁護士を紹介してもらう

弁護士を友人・知人に紹介してもらえたら、自分で探すより安心ですよね。また、友人・知人がすでに同一案件を依頼して解決してもらっていたらよりいっそう安心できます。

 

法テラスを利用する

法テラスの弁護士は無料相談を1つの問題につき3回まで行ってくれます。何回か相談したいと考えている人なら法テラスがおすすめです。 

 

法テラス(正式名称:日本司法支援センター)

【所在地】

東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー8F

・電話相談:0570-078374

・受付時間:平日09:00〜21:00|土曜09:00〜17:00

・メール相談:こちらから

 

全国の弁護士会の法律相談センターを利用する

弁護士会なら電話での申し込みの他にネットでも使えます。また地域を選べるので自宅から近い法律事務所を選べて便利です。ただし、法律事務所によっては無料相談には対応していないところもあります。

(参考:法律相談予約・窓口|日本弁護士連合会)

 

インターネットを利用する

Google、Yahoo! などの検索サイトを利用して法律事務所を探す方法です。弁護士を探すときは『個人再生 無料相談』などと入れて検索してみましょう。

 

地方自治体を利用する

市民広報・新聞の広告を見ると指定された日程に弁護士が役所で無料相談をすることがあります。お住まいの地域の役所のホームページを見てみましょう。

 

まとめ

弁護士の無料相談を利用して損をすることはありません。むしろお金を節約できたり、これからとるべき行動が分かったりと良いことずくめです。

 

ただ約30分という短い時間での相談が多いので、法律事務所に行く前に話す内容をまとめておきましょう。相談内容に関する資料があれば持参してください。

 

弁護士と話してフィーリングが合わないと思ったら他の法律事務所もあたり、納得のいくパートナー選びをしてくださいね。

 

そして、あなたの抱える問題がスムーズに解決できますように。

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

債権回収でお困りなら弁護士へ無料相談がおすすめ


債権回収では、相手の出方や債権額によってはあまり効果が期待できない場合もあり、自分だけで債権回収を行なおうとしても適切な方法を選択することは難しいでしょう。

そもそも、今の状況でどのような方法を取ればいいのかを提案してくれる弁護士は、相談だけでも力強い味方となってくれます。

「債権回収弁護士ナビ」では、債権回収を得意とする弁護士に直接ご相談ができ、相談料無料、初回の面談相談無料、全国対応で相談を受け付けいる事務所も多くいますので、法人・個人問わず、お金のことで悩み続けているなら、一度債権回収が得意な弁護士にご相談ください。

Prevent_banner
編集部

本記事は債権回収弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債権回収弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。


話合い・交渉コラム一覧へ戻る