債権回収弁護士ナビ
企業・個人事業者・不動産オーナーの
債権回収をサポート

累計相談数15,000 件超

累計サイト訪問数333 万人超

※2020年9月現在

即日対応のファクタリング会社7選|選び方や必要書類も解説

キーワードからコラムを探す
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 弁護士
監修記事
Sokujitsu

ファクタリングサービスの内容や手続はこれを提供するファクタリング会社によって異なります。

ファクタリング会社を選ぶときはそれぞれのサービス内容や手続の違いを踏まえて自分のニーズや事情にあわせて選ぶことがポイントでしょう。

この記事では、ファクタリングサービスの即日申込みが可能な7社についてサービス内容や手続について簡単な比較を踏まえつつ、ファクタリングの基本的知識について簡単に解説します。

即日対応のファクタリング会社7選

安全性や即日対応可能額、営業日、来店不要や出張対応などをもとに、即日対応ファクタリング会社を7社ご紹介します。

それぞれのファクタリング会社の手数料や必要書類などについても、基本的な情報をまとめています。ファクタリング会社選びの参考にしてください。

アクセルファクター

株式会社アクセルファクター
画像参照元:株式会社アクセルファクター

アクセルファクターで無料見積もり

手数料 2%~
即日入金利用可能額 最大1億円
対応エリア 全国
営業日 9時30分~19時(平日)
来店・訪問可否 来店可能
対象 法人・個人事業主
必要書類 請求書や見積書・預金通帳・本人確認書類・決算報告書 など

アクセルファクターは1,000万円までなら最短24時間以内に入金が可能です。200万円までなら最短3時間での入金も対応しています。利用可能額は下限がないのが特徴で、上限利用額も1億円まで対応しているファクタリング会社です。

審査通過率は9割以上と非常に高く、柔軟な審査も強みとしています。
確認資料を準備できないとファクタリングの申し込みを断る会社が多い中、「用意できない。では、どうすればいいか」を依頼者と一緒になって他の方法を親身に検討してくれるファクタリング会社です。資料や手続き、他社から断られて資金調達ができず困っていることがあれば、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょう。

また、アクセルファクターは赤字の法人や設立間もない法人でもファクタリングの申し込みが可能です。銀行とのリスケジュール中にも申し込むことができます。

この他にも、少額すぎて他ファクタリング会社に資金化を断られる債権や支払いサイクルが長すぎて資金化できない債権、工事未完で請求書が発行できない債権などのファクタリング相談も可能です。

アクセルファクターはグループで経営しており、運営母体もしっかりしているので「ファクタリングを利用したら、実はヤミ金だった」なんてことも無く、安心して利用できるでしょう。

「調達希望額が1,000万円以内で急ぎで資金調達したい」「少額すぎて他社で断られた」「はじめてのファクタリングで不安」という人は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

事業資金エージェント

事業資金エージェント
画像参照元:事業資金エージェント

事業資金調達する

手数料 1.5%~
即日入金利用可能額 即日は1,000万円まで(振込は500万円まで)
対応エリア 全国
営業日 9時~19時(日祝日除く)
来店・訪問可否 出張対応可能(基本は面談なし)
対象 法人・個人事業主
必要書類 入出金明細・領収書や請求書 など

事業資金エージェントは社員の出張により即日1,000万円までのファクタリングに対応してくれる会社です。最短3日かかりますが、2億円までの高額案件にも対応してくれるのが特徴のファクタリング会社です。

事業資金エージェントは即日1,000万円まで対応しているので、ある程度まとまった額の債権が対象のファクタリング会社ではないかと思うかもしれません。

事業資金エージェントの会社には最小で20万円の債権の資金化実績が記載されています。額の小さい債権を現金化した場合も、相談してみるといいでしょう。

事業資金エージェントは申し込みから振り込みまで最短3時間というスピーディさが特徴の会社でもあります。とにかく急いでファクタリングで資金調達したいという緊急性の高い資金調達の場面で利用を検討したい会社です。

ベストファクター

ベストファクター
画像参照元:ベストファクター

ベストファクターで請求書買取り

手数料 【2社間】2~20%
即日入金利用可能額 30万~1億円
対応エリア 全国
営業日 10時~19時(平日)
来店・訪問可否 出張訪問可能・来社可能
対象 個人・法人
必要書類 本人確認書類・請求書・入出金の通帳 など

BestFactor(ベストファクター)は法人、個人関係なく使えるファクタリング会社です。出張訪問と来社が可能なので、直接話をしたうえで迅速な資金調達が可能なファクタリング会社です。

BestFactorの公式サイトには仮に300万円の債権をファクタリングしたときに資金調達できる額の目安が記載されています。

売掛債権300万円をBestFactorでファクタリングしたときの振り込み目安額は240~294万円です。このように振り込み額の例を記載してもらえば、ファクタリングで資金調達する際の参考になるのではないでしょうか。

BestFactorは申し込み方法に柔軟性があるところも特徴のファクタリング会社です。出張訪問も可能ですが、Webや電話での申し込みも可能です。

えんナビ

えんナビ
画像参照元:えんナビ

えんナビで即日資金化

手数料 不明
即日入金利用可能額 50万~5,000万円
対応エリア 全国(沖縄除く)
営業日 24時間年中無休
来店・訪問可否 来店可能・出張対応可能
対象 法人・個人事業主
必要書類 決算書のコピー・請求書 など

えんナビは法人と個人事業主どちらも使えるファクタリング会社です。

えんナビは出張にも対応しているので、担当に話を聞きながら手続きしたい人におすすめのファクタリング会社です。

また、50万円などの比較的額の小さな債権にも対応可能なところが特徴です。5,000万円という額の大きな債権も扱い可能なので、柔軟なファクタリングができるはずです。

手数料については、先にえんナビに問い合わせることをおすすめします。他に気になることがあれば、24時間年中無休で電話対応してくれるので、あわせて問い合わせておきましょう。

No.1ファクタリング

株式会社NO1
画像参照元:株式会社No.1

No.1ファクタリングで資金調達

手数料 【3社間】1%~5%、【2社間】5%~15%
即日入金利用可能額 50万~5,000万円
対応エリア 全国
営業日 9時~20時(土日祝除く)
来店・訪問可否 訪問可能
対象 法人・個人事業主
必要書類 通帳コピー・決算書(直近のもの)・請求書・発注書・納品書 など

No.1ファクタリングは50万円の債権から対応しているファクタリング会社です。最高額は5,000万円なので、小口取引の債権から大口取引の債権まで利用できます。

No.1ファクタリングで注目したいポイントは2つあります。ひとつは個人事業主も利用できる点、もうひとつは訪問可能という点です。

No.1ファクタリングは個人事業主も利用できるファクタリングですが、債権額が5,000万円までと大口債権にも対応しています。個人事業主の中でも大口債権を抱えている人は相談するメリットがあるのではないでしょうか。

また、No.1ファクタリングはサイト内にコラムを掲載しており、そこには個人事業主もファクタリングを使えるが、個人事業主のファクタリング審査は厳しいと書かれています。

No.1ファクタリングのサイト内コラムは個人事業主のファクタリング審査などに言及しているものもあるので、個人事業主がファクタリングを利用するうえで参考になるはずです。他にもファクタリングを利用するときに役立つコラムがあるので、サービスと共に公式サイトの内容を参考にしてみてはいかがでしょう。

No.1ファクタリングは訪問も可能です。訪問の際に担当へ直接質問できるので、手続きやファクタリングについて直接確認しながら進めたいという法人や個人事業主にもメリットがあります。

No.1ファクタリングは診療報酬債権や建設業の債権など、多業種のファクタリングに対応しているところも特徴です。社内にコンサルタントも在籍しているため、資金繰りについても相談できます。

ビートレーディング

ビートレーディング
画像参照元:ビートレーディング

ファクタリング診断

手数料 2%~(2社間と3社間で異なる)
即日入金利用可能額 30万円~
対応エリア 全国
営業日 9時30分~18時30分(平日)
来店・訪問可否 出張訪問可能・来社可能
対象 法人・個人事業主
必要書類 本査定申込書・通帳のコピー・請求書 など

ビートレーディングは国内のファクタリング会社大手です。個人事業主や法人の売掛債権の他、社団法人やNPO法人などが所持している売掛債権の資金化にも使える会社です。

ビートレーディングは最短30分で債権をいくらで資金化できるかがわかります。自分の有している債権をいくらで資金化できるか急いで知りたいときに便利な会社です。

ビートレーディングを利用する際に注意したいのは、初回契約時は来社か訪問のどちらかが必要だという点です。契約当日15時まで契約が完了すれば即日対応可能ですが、契約締結が15時以降だと振り込み予約で翌日の入金反映です。

ビートレーディングは東京や大阪など、全国に4社あります。ただ、4社のある地方以外の人は、即日ファクタリングのために来社することや出張してもらうことは難しいのではないでしょうか。

初回の場合は、来社や出張の関係で、地方によっては即日対応が難しい可能性があります。はじめてビートレーディングでファクタリングする人は注意してください。

K2ソリューションズ

K2ソリューションズ
画像参照元:K2ソリューションズ

資金繰りを今すぐ相談する

手数料 5%~
即日入金利用可能額 30万~3,000万円
対応エリア 全国
営業日 9時~19時(平日)
来店・訪問可否 来店可能・出張対応可能
対象 法人・個人事業主
必要書類 契約書・通帳・決算書 など

K2ソリューションズは全国対応のファクタリング会社です。30万円の債権から対応しており、来店や出張にも対応してくれる会社です。

K2ソリューションズの特徴は、売掛債権さえ持っていれば業種は不問になっているところです。業種などの関係で他のファクタリング会社に断られた場合も、K2ソリューションズに相談すれば対応してもらえる可能性があります。

この他に、K2ソリューションズは介護ファクタリングにも対応しているのが特徴です。介護事業をおこなっている法人が資金繰りに困ったときは、相談してみてはいかがでしょう。

即日対応のファクタリング会社の選び方

即日対応のファクタリング会社を選ぶときは4つのポイントが重要です。

即日対応ファクタリング会社を選ぶときに知っておきたい知識として、入金日・手数料・訪問の可否・口コミの4つのポイントを説明します。

入金日

まず確認したいのは、ファクタリングで資金化した債権の入金日です。

「即日対応」には広い意味があります。即日債権の審査に対応してくれるという意味の場合もありますし、即日ファクタリングの入金に対応しているという意味で使っているケースもあります。

資金調達を急ぐときは、そのファクタリング会社が「即日対応」をファクタリングによる資金の入金日の意味で使っているのか確認しておきましょう。

手数料

ファクタリングにおいて手数料は会社選びの際の重要なポイントです。なぜなら、手数料が増えればその分だけ調達できる資金が少なくなるからです。

ファクタリングをする際は利用する会社の手数料は少ない方がいいと思うことでしょう。しかし、手数料が安いから信頼できるファクタリング会社であるとは限りません。

ファクタリング会社の中にはあえて手数料を低く記載し、後から別の手数料などを上乗せして割高な手数料を請求する会社もあります。手数料には注意してください。

手数料の低さだけで選ばず、妥当性や説明の明確さなどもチェックして選びましょう。手数料について疑問があれば、ファクタリング会社にしっかりと確認してから選ぶことも重要です。

訪問

ファクタリングでは訪問で担当者と直接話した方が、より事情が伝わりやすいため、審査などがよりスムーズに進む可能性があります。また、直接話すことで資金調達までの期間が短縮されることもあります。

口コミ

ファクタリング会社を選ぶときは、口コミも参考になります。

口コミは過去にその会社を利用した人たちによる情報ですから、ファクタリング会社が悪徳会社かどうかを判断するうえでも役に立ちます。

過去にその会社を利用した人たちの生の声から、会社の使いやすさや安全性などを確認することが重要です。

即日ファクタリングまでの流れ

即日ファクタリングの基本的な流れは次の通りです。

  • 相談や問い合わせをする
  • 簡易審査(スピード審査)
  • 来店や訪問による面談
  • ファクタリング契約
  • ファクタリング分の入金

なお、ファクタリングの種類や会社によっては、ネットで申し込みが完結するケースもあります。

これは即日ファクタリングの流れの一例です。ファクタリングを利用する際は、申し込み先の会社の即日ファクタリングまでの流れを確認しておきましょう。

即日ファクタリングの準備

即日ファクタリングを行う場合は、申し込み時に手間取らないように、先に申込準備をしておきましょう。

具体的には、ファクタリングに申し込むときに必要書類などを準備して、簡単な審査内容なども把握しておくことが重要です。

必要書類・準備物

ファクタリングの必要書類は利用するファクタリングの種類やファクタリング会社によって異なりますが、おおむね次の書類が必要です。

  • 本人確認書類
  • 通帳の入出金の記録
  • 取引先との契約関係書類(請求書など)

この他に、ファクタリング会社側から追加で書類を求められることもあります。

ファクタリングの審査内容

ファクタリングの審査は融資審査とは異なります。融資審査が融資を受ける者の信用力(返済能力)が審査対象となるのに対し、ファクタリング審査は資金化する債権の回収可能性が審査対象となります。

そのため、ファクタリングの対象となる債権は、個人事業主や冷静企業より、大企業である方が審査では有利になる可能性が高いのです。

まとめ

即日ファクタリングの会社比較や即日ファクタリングのために知っておきたい知識について解説しました。

資金調達の際は事情から急ぐことも少なくありません。ファクタリングは早期の資金調達を実現できる方法ですが、手数料などの注意点もあります。

各社の特徴を比較し、事情やニーズにあった資金調達方法を選びましょう。

あらゆる法的トラブルに備える弁護士費用保険
弁護士費用を補償

弁護士へ依頼すると数十万~数百万の費用がかかる場合があります。

弁護士費用保険メルシーは弁護士依頼で発生する着手金・報酬金を補償する保険で、月額2,500円で幅広い法的トラブルで利用できます。

  • 離婚
  • 相続
  • 交通事故(自転車事故)
  • 近隣トラブル
  • ネットの誹謗中傷 など
弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・166

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

債権回収でお困りなら弁護士へ無料相談がおすすめ


債権回収では、相手の出方や債権額によってはあまり効果が期待できない場合もあり、自分だけで債権回収を行なおうとしても適切な方法を選択することは難しいでしょう。

そもそも、今の状況でどのような方法を取ればいいのかを提案してくれる弁護士は、相談だけでも力強い味方となってくれます。

「債権回収弁護士ナビ」では、債権回収を得意とする弁護士に直接ご相談ができ、相談料無料、初回の面談相談無料、全国対応で相談を受け付けいる事務所も多くいますので、法人・個人問わず、お金のことで悩み続けているなら、一度債権回収が得意な弁護士にご相談ください。

編集部

本記事は債権回収弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※債権回収弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
債権買取・債権譲渡コラム一覧へ戻る