調停で決めたのに養育費が未払い!対応と回収のコツ|ベンナビ債権回収(旧:債権回収弁護士ナビ)
累計相談数
57,000
件超
累計サイト訪問数
923
万人超
※2024年04月時点
養育費・慰謝料
更新日:

調停で決めたのに養育費が未払い!対応と回収のコツ

キーワードからコラムを探す
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 弁護士
監修記事
調停で決めたのに養育費が未払い!対応と回収のコツ

調停で取り決めた養育費について相手が支払わない場合は、適切な方法で対応しましょう。任意催告をすることは当然ですが、最終的には差押えといった強制執行に依らざるを得ない場合もあります。

離婚後に旦那から養育費が払われずお困りの方へ

養育費の取り決めをしたのにも関わらず、元旦那から養育費が支払われないので、お困りの方もいらしゃるのではないでしょうか。

未払い養育費問題は、弁護士に依頼をしたら解決するかもしれません。

 

弁護士に依頼すると下記の様なメリットを受けることができます。

 

  • 弁護士に依頼する事で元旦那にプレッシャーを与える
  • 元旦那との交渉の代理
  • 回収手続きかかる手間の解消

 

債権回収ナビには、養育費の回収が得意な弁護士を掲載しております。

泣き寝入りしないためにも、まずは下記からあなたのお悩みをご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債権回収で
養育費・慰謝料の回収に強い弁護士を探す

調停で決まった養育費の未払いへの対応

相手方と調停で今後の養育費について取り決めを交わしても、きちんと支払ってもらえない場合も少なくありません。養育費が支払われない状態が続けば、当然、何らかの対応は必要となります。

以下、対応をいくつか紹介します。

電話やメールで支払われていないことを伝える

支払予定日から数日なら、相手方は忘れているだけの可能性もあります。そのため、このような場合は電話メールで連絡し、支払いを促すのが良いでしょう。。

催告しても支払いがない

上記の通り連絡しても支払がない、電話やメールも無視されてしまうという場合は、相手が意図的に支払をしていない可能性が高いです。この場合、いくら任意で支払を求めても無駄な場合が多いので、以下のような裁判所を交えた手続を行うことも検討しましょう。

なお、強制執行手続に移る前に、例えば弁護士に依頼して、弁護士を通じて支払を促すことで事態が前進することもありますので、検討しましょう。

裁判所からの履行勧告

相手が調停調書の義務を履行しない場合、裁判所を通じて履行勧告や履行命令を行ってもらうことができます。履行勧告と履行命令は、どちらも裁判所を通して養育費を支払うように強い働きかけを行う方法ですが、強制力はありません。

裁判所が支払いを促すだけの履行勧告に比べると、履行命令に違反した場合10万円以下の過料という罰則はあります。しかし、相手方が無視すれば養育費はそのまま支払われない状態が続いてしまいます。

裁判所による強制執行による差押え

裁判所から履行勧告や履行命令を出してもらっても養育費の支払がない場合は、強制執行手続に移行せざるを得ないでしょう。具体的には、裁判所に申し立てて相手方の資産を差し押さえ、未払い分を強制的に回収する手続です。

  • 差押えできる財産

差押えできる相手方の財産には、土地・建物などの不動産、腕時計・宝石などの動産、給料や預貯金などの債権などがあります。実務的には、給料預貯金を差し押さえるケースが多いです。

  • 必要な書類や情報

強制執行手続きを行うためには、債務名義が必要ですが、調停手続きで合意された調停調書はこれに当たります。調停調書に基づいて、裁判所に所定の申立てを行うことで、強制執行手続に移ることができます。

なお、強制執行手続を申し立てても裁判所が債務者の財産をわざわざ見つけてきてくれるということはありません。したがって、手続を行う前に債務者の財産状況を調査し、差し押さえる財産を特定して申立を行う必要があります。

  • 手続きの流れ

例えば、相手の給料債権を差押える場合、具体的な流れは次の通りです。なお、取り立てについては裁判所は関与しませんので、自分で行う必要があります。

  1. 裁判所に調停調書に基づいて強制執行の申し立てをする(この際、送達証明書や戸籍謄本等の添付書類が必要となりますので、詳細は裁判所に確認して下さい。)
  2. 裁判官が差押え命令を発令し、相手方の勤務先や本人に命令が送付される。
  3. 命令送達後一週間経過した場合、勤務先に対して直接の取り立てが可能となる。

未払いの養育費を回収するコツ

養育費の未払いを回避するためには、債権者・債務者双方が養育費支払義務について認識を共通にすることが重要です。

滞納後すぐに催促する

養育費の未払いがあった際、これを放置していれば債務者としても「払わなくても問題ないのではないか」と邪な考えをもってしまいがちです。したがって、振り込みが確認できないとわかった時点ですぐに相手方とコンタクトを取り、支払義務について再確認してもらうことは大切でしょう。

調停で具体的な支払義務が確定した養育費の時効は?

養育費で気をつけたいのは、具体的に支払義務が確定した養育費には時効があることです。民法では養育費支払請求権の消滅時効を5年と定めています。

したがって、具体的な養育費について未払いを5年間放置すれば、相手の支払義務は消滅します。このような権利消滅を防ぐには、相手に養育費支払義務を承認させたり、相手に養育費支払請求訴訟を提起するなど、時効中断の処理が必要です。

元配偶者の親に連絡するという方法もなくはない

もし元配偶者の両親と連絡がとれる場合は、連絡するという方法もなくはありません。元配偶者の親からすれば自分の孫の養育費になるため、まだ関係性が切れていないなら債務者本人に支払を促してくれたり、支払を立て替えてくれることもあるかもしれません。

しかし、相手の両親は当事者ではないため、養育費の支払義務があるわけではありませんし、これを立て替えたり、支払を促すような義務もありません。

そのため、両親に対して支払を迫ったり、相手に働きかけるよう強要することはやめてください。このようなことを続ければ無用のトラブルを誘発する可能性がありますし、元配偶者のプライバシー権侵害となる可能性もあります。注意しましょう。

【注意】未払い分の養育費を調停で請求する方へ

養育費の支払いが滞納したままとなったとき、調停で解決したいと考える人は少なくありません。しかし、養育費請求調停には、次のようなデメリットがあるので注意が必要です。

調停に相手が来ない可能性が高い

相手方は調停に出席する義務はないため、調停の日時を設定してもやって来ない可能性があります。最初から支払う気がないならなおさらです。そのため、せっかく調停の手続きをしても、骨折り損になることもしばしばです。

相手の状況に合わせて減額する可能性も高い

相手の収入状況によっては調停を起こしても、思うような金額の養育費とならない可能性もあります。

減額調停には応じるべき?

相手方は一度養育費について調停で合意しても、事情の変更がある場合、養育費減額調停を申し立てることができます。一度決まった金額が減額されるためにはそれなりの事情が必要ですが、養育費が一度極まれば未来永劫不変であるということではないことは、注意しましょう。

話し合いがまとまらず、不成立になる可能性が高い

調停はあくまで話し合いの場です。そのため、相手が合意しない限り、調停が成立することはありません。なお、養育費請求調停が不調となった場合、通常は審判移行して裁判所による裁定がくだされます。

まとめ

養育費の未払いは、シングルマザーやひとり親にとって生活に大きな影響を及ぼします。近く法改正によって、債務者情報がわからなくても養育費の未払いがしやすくなると言われています。

子どもを安心して育てるために、養育費は重要な鍵を握っています。泣き寝入りしないためにも、未払いが分かった時点ですぐに行動する、早めに強制力のある法的手段を取るなど、スピーディな行動が大切といえるでしょう。

離婚後に旦那から養育費が払われずお困りの方へ

養育費の取り決めをしたのにも関わらず、元旦那から養育費が支払われないので、お困りの方もいらしゃるのではないでしょうか。

未払い養育費問題は、弁護士に依頼をしたら解決するかもしれません。

 

弁護士に依頼すると下記の様なメリットを受けることができます。

 

  • 弁護士に依頼する事で元旦那にプレッシャーを与える
  • 元旦那との交渉の代理
  • 回収手続きかかる手間の解消

 

債権回収ナビには、養育費の回収が得意な弁護士を掲載しております。

泣き寝入りしないためにも、まずは下記からあなたのお悩みをご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ債権回収で
養育費・慰謝料の回収に強い弁護士を探す
東京
大阪
愛知
福岡
京都
神奈川
Office info 202403181715 94691 w220 【占い詐欺・マッチング詐欺】トライアンフ法律事務所

占いサイト出会い系投資詐欺】【相談料着手金0円】少しでもおかしいと感じたら、弁護士 鎌田へご相談ください。4,000件以上の解決実績を持つ弁護士が代理人として返金請求します【LINE相談可

事務所詳細を見る
Office info 202004101659 16811 w220 【貸金/売掛金/工事代金の回収実績多数あり!】弁護士法人グラディアトル法律事務所

【LINE相談】【初回相談0円】【全国対応】【早朝夜間・土日祝・当日対応】売掛金、賃料、損害賠償請求、家賃・地代、立替金、高額投資詐欺での回収実績が豊富にあります。※50万円未満のご依頼は費用倒れ懸念よりお断りしております

事務所詳細を見る
Office info 202110051559 37421 w220 【企業の方へ:メール相談歓迎】弁護士 新森 圭(東京グリーン法律事務所)

【債権額100万円〜】企業様/ご経営者様の専用窓口◆顧問契約も◎業種問わずご相談ください【初回相談0円】債権の支払いが少しでも滞ったらご連絡を◆フットワーク軽く迅速対応!メールでご面談予約24時間受付中!

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
あらゆる法的トラブルに備える弁護士費用保険
弁護士費用を補償

弁護士へ依頼すると数十万~数百万の費用がかかる場合があります。

ベンナビ弁護士保険は弁護士依頼で発生する着手金を補償する保険で、月額2,950円で幅広い法的トラブルで利用できます。

  • 離婚
  • 相続
  • 交通事故(自転車事故)
  • 近隣トラブル
  • ネットの誹謗中傷 など
無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

債権回収でお困りなら弁護士へ無料相談がおすすめ


債権回収では、相手の出方や債権額によってはあまり効果が期待できない場合もあり、自分だけで債権回収を行なおうとしても適切な方法を選択することは難しいでしょう。

そもそも、今の状況でどのような方法を取ればいいのかを提案してくれる弁護士は、相談だけでも力強い味方となってくれます。

「ベンナビ債権回収(旧:債権回収弁護士ナビ)」では、債権回収を得意とする弁護士に直接ご相談ができ、相談料無料、初回の面談相談無料、全国対応で相談を受け付けいる事務所も多くいますので、法人・個人問わず、お金のことで悩み続けているなら、一度債権回収が得意な弁護士にご相談ください。

編集部

本記事はベンナビ債権回収(旧:債権回収弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ債権回収(旧:債権回収弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

養育費・慰謝料に関する新着コラム

養育費・慰謝料に関する人気コラム

養育費・慰謝料の関連コラム

養育費・慰謝料コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら