ゲートウェイ東京法律事務所

ゲートウェイ東京法律事務所.1
  • ゲートウェイ東京法律事務所.2
  • ゲートウェイ東京法律事務所.3
  • ゲートウェイ東京法律事務所.4
最寄駅:【品川駅】よりアクセス4分
東京都品川区南品川2丁目2−5リードシー南品川ビル2階
定休日: 日曜  祝日 
営業時間: 平日 :09:00〜20:00  土曜 :10:00〜18:00 
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
現在は営業時間外です。
この法律事務所に問合せする
ご相談の対応体制
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
対応可能な債権の種類
  • 売掛金
  • 業務請負・委託代金
  • 家賃・地代
  • 給料・賃金・残業代
  • 借金・貸金
  • 養育費・慰謝料
  • 立替金
  • その他の債権
ゲートウェイ東京法律事務所
※04時46分現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で問合せする
050-5228-2118
メールで問合せする
事務所所在地
東京都品川区南品川2丁目2−5リードシー南品川ビル2階

【売掛金・未収金・滞納金】元弁護士法人代表を務めた経験に基づいた見通し

弁護士 高橋は、弁護士登録後、弁護士法人で代表を務め、個人の方はもちろん、経営者の方々の持つお悩みにも寄り添い、様々なトラブル・問題を解決に導いてまいりました。

一人ひとりのお悩みをより掘り下げ、課題解決に取り組むことにやりがいを感じております。

現在は独立開業し、自身も経営をする立場です。

これらの経験を活かし、経営のパートナーとしてのアドバイスを得意としておりますので、お困りごとはぜひ弁護士 高橋へご相談ください。

迅速回収・最善の解決を目指しサポートいたします。
 

【法人・個人問わずに対応可能】相手と連絡がとれているうちにご相談ください!

連絡が取れなくなったり、住所がわからなくなったりすると、回収の可能性が大幅に下がる可能性があります。

また、時間の経過とともに、今後法的対応を見据えた証拠収集なども難しくなりやすいため、お相手と連絡が取れているうちに、かつできるだけ早い段階でご相談ください。
 

  • 取引先の売掛金を、なるべく穏便に回収したい…
  • 家賃を3ヶ月以上滞納されているので回収したい
  • 家賃滞納を繰り返す入居者に立ち退いてほしい
  • 定期的に発生する売掛金の回収業務を依頼したい
  • 不動産売買の契約をしたが、代金が振り込まれていない
  • 100万円以上の貸付金があるが返済されず困っている
  • メールなどのやりとりしか証拠がなく、契約書もないので返済は諦めていた

※これまでの解決実績は本ページの最後でご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
 

【ご依頼時の注意点】費用倒れについて

費用倒れとは、回収金額よりも弁護士へ依頼する際の費用が上回ってしまうことを言います。

このようにご相談者様が損をしてしまうようなケースでは、ご依頼いただいても、やむを得ずお断りする場合がございます。

また、見通しとして費用倒れになりそうだと判断した場合は、あらかじめ丁寧にご説明させていただきますので、ご安心ください。
 

弁護士 高橋が選ばれる理由

【初回の面談相談1時間無料】お気軽にご予約ください

初回のご相談者様については、面談相談を1時間無料としております。

お電話やメールにてご予約を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

なお、平日や日中にお時間が取れない方についてもご安心ください。

事前にご予約をいただければ、休日や夜間のご相談にも柔軟に対応させていただきます。
 

●メールフォームをぜひご活用ください●

「電話での折り返しの連絡は困る」
「電話で相談することは避けたい」


このようなご事情のある方は、ぜひ本ページのメールフォームをご活用ください。

メールで概要とご希望の面談日をお伝えいただければ、ご状況の把握や面談日の調整などがスムーズです。

後ほどメールにてお返事・ご案内をさせていただきます。

 

長期的なサポート(顧問契約)も可能です

《法人・オーナー様向け》

  • 定期的に売掛金が発生し、対応に人的コストがかかっている
  • 所有する不動産で、複数の入居者が家賃を滞納するため対応が負担

このように、1度の対応では完全に解決しきれない問題については、長期的なサポート(顧問契約)も対応可能です。

これまでも様々な企業の案件を取り扱ってまいりましたので、ぜひお気軽にご相談ください。
 

【豊富な実績】これまでの解決事例

※タイトルをクリックすると詳細をご覧になれます。

【4000万円の貸金】支払いを拒む相手が不動産名義を変更してしまった事例

【ご相談内容】
相談者は事業会社の代表取締役で、知り合いに約4000万円のお金を貸していました。

しかし、知り合いが事業に失敗し、貸したお金のほとんどを返してもらえませんでした。

持ち家があったので、それを売却するよう求めましたが、その直後、妻と離婚し、財産分与でその持ち家も妻名義にされてしまいました。

金額が大きいため、諦めきれない相談者は、知り合いに貸したお金を回収する方法があるか弁護士にご相談されました。

【解決結果】
妻と離婚したタイミングから、財産隠しを疑いました。

「詐害行為取消権」という権利で持ち家の名義を知り合いに戻し、売却なり差押えなりをすることを考えましたが、直接的な証拠がなかったため、交渉は難航しました。

結局、訴訟を提起することになりましたが、訴訟の中で、「ある論点では知り合い側に有利になるが、別の論点ではこちら側に有利になる証拠」を知り合い側から引き出し、それを別の論点で逆手に取ることで、不足していた証拠を埋めることに成功しました。

それにより、裁判官の心証がこちらに傾き、知り合い側の代理人に対して敗訴見込みを伝えたため、膠着状態から一気に勝訴的な和解を勝ち取ることができました。

数千万円もの大金を「借りていない」とする相手の主張を退けた事例

【ご相談内容】
相談者は事業会社の代表取締役で、会社のお金を数千万円知り合いに貸していました。

大きな事業プロジェクトに参入するために貸したのですが、そのプロジェクトが頓挫するや否や、借りたものでなく預かったものだと言い始め、全く返そうとしませんでした。

困り果てた相談者は、知り合いに貸したお金を回収するため、弁護士にご相談されました。

【解決結果】

知り合いへの貸付けは多数回にわたって継続して行われ、しかも、口座間の振込だけではなく、現金での振込も多かったため、通帳や大量の振込明細を精査し、お金の動きを一つ一つ確認していきました。

また、メールのやり取りや録音記録の内容とお金の動きを時系列で対比し、事実と合致する発言と矛盾点する発言を整理することで、貸付けを証明できると確信しました。

しかし、交渉において、知り合い側は預かったものだという主張を変えなかったため、訴訟を起こすことにしました。

そして、徹底した証拠と事実関係の精査により、裁判官の心証はこちらに傾き、最終的には、知り合い側に全額貸付けであることを認めさせました。

支払い能力に限界があったため、支払い自体は一部分だけを分割払いさせる内容にしましたが、全額貸付けであったと認めさせることで、不明朗になっていた会社の会計処理を明確な形にすることができました。

父の財産を合計数千万円無断で引き出していた兄弟と和解し、取り分を回収できた事例

【ご相談内容】
亡き父の相続手続の途中、父名義の預金口座から合計数千万円のお金が断続的に引き出されていることが分かり、世話をしていた兄弟を疑いました。

兄弟に問いただすも、知らないの一点張りで、当事者間での話は全く進まない状態でした。

兄弟の使い込みを確信するも、ご自身では手の打ちようがなく、弁護士に使い込み金の回収をご相談されました。

【解決結果】
ご依頼後、弁護士からも、使い込みの疑いのある兄弟に対し、事情の説明を求めました。

しかし、やはり知らないという主張は変わりませんでしたので、本格的な調査を開始しました。

まずは、父名義の預金口座を調査し、お金を引き出したATMの場所を特定したり、窓口で引き出し・解約の手続きをしたのは誰かを特定したりしました。

その上で、医療記録や介護記録を取り付け、父の入院期間や認知症の進行度を時系列でまとめ、預金口座からの引出し・解約の金額とタイミングを対照するなどしました。

調査の結果、兄弟の使い込みの裏付けが得られたため、正式に訴訟を起こしました。

訴訟になっても、知らないという主張は変わりませんでしたが、使い込みの説明と裏付けの提出により、裁判官の心証がこちらに傾き、最終的には和解で多くを回収することができました。

現在は営業時間外です。
この法律事務所に問合せする

ゲートウェイ東京法律事務所の詳細情報


事務所名 ゲートウェイ東京法律事務所
弁護士 髙橋 和史
所属団体 東京弁護士会
住所 東京都品川区南品川2丁目2−5リードシー南品川ビル2階
最寄駅 【品川駅】よりアクセス4分
電話番号 050-5228-2118
対応地域 東京都・神奈川県
定休日 日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:00〜20:00

土曜 :10:00〜18:00

営業時間備考 事前のご予約で休日も対応しております
アクセスマップ
大きな地図を見る
現在は営業時間外です。
この法律事務所に問合せする